誕生日データベース

桂春雨

落語家[日本]

桂春雨 - ウィキペディアより引用
桂 春雨(かつら はるさめ)は、落語家・色物の名跡。
当代は2代目か3代目であると推測される。
過去に何人いたか不明。
先代桂 春雨(生年不詳・大正末生 - 1960年没) - 2代目桂春団治の桂福団治時代の門人で桂一福、福団治の春団治と同時の1934年11月に桂春雨に改名、上方落語衰退期の1939年に漫才に転身。
新興演芸部でミスワカ子(後の河村節子)とコンビを組む。
戦後は春団治の一座に納まりその後没。
春団治の一番弟子。
落語家時代には「たらちね」が印象的だったと吉田留三郎が著書の『かみがた芸能 漫才太平記』の中で評した。
なお同著書では1960年に死去したとも書かれている。
当代桂 春雨(かつら はるさめ、1964年1月28日 - )は東京都文京区出身の落語家。
本名は中田 雅也。
東京都立小石川高等学校卒業後、1983年4月に3代目桂春団治に入門。
上方落語協会茶道部「楽茶会」会員。
上方落語地車囃子保存会「雅会」会員。
阿波踊りの「はなしか連」東京支社長。
アメリカマイアミ名誉市民。
通称「落語界の貴公子」。
出囃子は「春雨」。
人物・来歴 1964年、東京都文京区、三業地のあった白山一丁目(旧、小石川指ヶ谷町)で生まれる。

「桂春雨」と関連する人物

桂春団治 桂春之輔
連想語句
春団治春雨漫才たらちね一門上方吉田留三郎新興日本時代桂春団治河村節子福団治落語著書かつらかみがたはるさめキネマコンビミスワカ一座一福中田出身同時太平記定紋師匠弟子戦後改名本名死去演芸生年月日花菱芸能落語家衰退期転身門人雅也

↑ PAGE TOP