生年月日データベース

小林源文

イラストレーター[日本]

1951年 1月28日 生 (満67歳)

小林 源文(こばやし もとふみ、1951年1月28日 - )は、日本の漫画家、イラストレーター。
福島県生まれ、小学校低学年から東京育ち、東京都在住。
戦場劇画の第一人者。
『黒騎士物語』『Cat Shit One』などを発表。
中西立太に師事し、共著の『壮烈!ドイツ機甲軍団』でデビュー。
2008年に個人で『GENBUNマガジン』を創刊。
出版社カンプグルッペ・ゲンブンを経営。
1951年、警察官の両親の間に生まれる。
母は元看護婦で、戦後福島県警の婦人警察官第1号となった人物である。
父は戦争中帝国陸軍の憲兵だったが、終戦後警察官となった。
父は問題を起こして警察を辞め、その後の再就職先でもトラブルが絶えず、職を転々としていた。
イラストレーターの中西立太に影響を受けて、絵の世界を目指す。
絵の勉強の為に、中西に弟子入りを申し出るが断られる。
しかし、中西よりはいつでも仕事場に遊びにきて良いとの許可をもらっており、見様見まねと独学で絵の勉強をした。
プロデビューは師と仰ぐ中西立太との共同執筆の『壮烈!ドイツ機甲軍団』であり、小林が24才のときであった。

■ 関連書籍

「小林源文」と関連する人物

連想語句
  • 川崎
  • ゲーム
  • 作品
  • 学校
  • 市立
  • イラストレーター
  • シリーズ
  • リスト
  • 中西
  • 事件
  • 原作
  • 図解
  • 小林
  • 東京都
  • 短編
  • 福島県
  • 科学
  • 立太
  • 総合
  • 長編
  • 関連
  • 高等
  • カンプ
  • グルッペ
  • ゲン
  • デビュー
  • ドイツ
  • ブン
  • マガジン
  • 個人
  • 共著
  • 出版社
  • 創刊
  • 劇画
  • 卒業
  • 在住
  • 学年
  • 小学校
  • 工業高
  • 師事
  • 戦場
  • 東京
  • 機甲
  • 物語
  • 発表
  • 第一人者
  • 経営
  • 軍団
  • 騎士