誕生日データベース

前畑秀子まえはたひでこ

競泳選手[日本]

(1936年ベルリン五輪金メダル)

1914年 5月20日

1995年 2月24日 死去享年82歳
前畑秀子 - ウィキペディアより引用
前畑 秀子(まえはた ひでこ、1914年(大正3年)5月20日 - 1995年(平成7年)2月24日)は、和歌山県伊都郡橋本町(現・橋本市)出身の水泳選手。
結婚後の姓は兵藤(ひょうどう)といい、「兵藤秀子」の名前でもよく知られている。
1914年(大正3年)に和歌山県伊都郡橋本町(現・橋本市)で豆腐屋を営む家に生まれ、紀ノ川で泳ぎを覚える。
尋常小学校5年生のとき女子50m平泳ぎで学童新記録を出し、高等小学校2年生のとき汎太平洋女子オリンピックに出場し100m平泳ぎで優勝、200m平泳ぎで準優勝した。
当時の慣習では前畑は高等小学校を卒業後、学業や水泳をやめて家業の豆腐屋を手伝うはずだった。
だが前畑の水泳の素質に着目した学校長など関係者が両親を説得にかかり椙山正弌のすすめで名古屋の椙山女学校(現・椙山女学園)に編入し水泳を続けることになった。
椙山は前畑のために寮を提供し、また学園内に新しいプールを作り全面的に支援した 。
しかし1931年(昭和6年)1月に母が脳溢血で、6月には父も脳溢血で亡くなり相次いで両親を失うことになった。

■ 映像作品

連想語句
  • 小学校
  • 伊都郡
  • 和歌山県
  • 平泳ぎ
  • 橋本市
  • 水泳
  • 関連
  • 豆腐
  • 高等
  • とき
  • 事項
  • 作品
  • 兵藤
  • 前畑
  • 大正
  • 女子
  • 尋常
  • 橋本町
  • 特記
  • 番組
  • 著書
  • はず
  • ひょうどう
  • オリンピック
  • 両親
  • 優勝
  • 出場
  • 出身
  • 卒業
  • 名前
  • 太平洋
  • 学校
  • 学業
  • 学童
  • 家業
  • 当時
  • 慣習
  • 準優勝
  • 着目
  • 秀子
  • 紀の川
  • 紀ノ川
  • 素質
  • 結婚
  • 記録
  • 説得
  • 選手
  • 関係者