誕生日データベース

白川義員

写真家[日本]

1935年 1月28日

白川義員 - ウィキペディアより引用

白川義員(しらかわ よしかず、1935年 - )は、日本の写真家。
「地球再発見による人間性回復へ」をテーマに、原始の風景と聖地などを撮り続ける。
略年譜 1935年(昭和10年) - 愛媛県宇摩郡金生村(現四国中央市)に生まれる。
1957年(昭和32年) - 日本大学藝術学部写真学科卒業し、ニッポン放送に入社。
1962年(昭和37年) - 移籍したフジテレビを休職し、中日新聞社の特派員として8ヶ月間35ヶ国の撮影取材行い、フリーカメラマンとしての活動を開始。
帰国後フジテレビを退社。
1972年(昭和47年) - 第13回毎日芸術賞と第22回芸術選奨文部大臣賞を受賞。
1981年(昭和56年) - 全米写真家協会の最高写真家賞を受賞。
1995年(平成7年) - 第27回日本芸術大賞を受賞。
1996年(平成8年) - 『世界百名山』の撮影プロジェクトを開始。
1999年(平成11年) - 紫綬褒章を受章。
2008年(平成20年) - 『永遠の日本』の撮影プロジェクトを開始。
主要な撮影テーマ アルプス - 撮影期間(1962-1967年) 神々の原風景 - 撮影期間(1962-1984年) ヒマラヤ - 撮影期間(1968-1970年) アメリカ大陸 - 撮影期間(1971-1973年) 聖書の世界 - 撮影期間(1977-1979年) 中国大陸 - 撮影期間(1981-1984年) 仏教伝来 - 撮影期間(1981-1987年) 南極大陸 - 撮影期間(1991-1993年) 世界百名山 - 撮影期間(1997-2002年) 世界百名瀑 - 撮影期間(1997-2007年) 永遠の日本 - 撮影期間(2008年- ) 世界百名山 1996年から『世界百名山』撮影プロジェクトを開始する。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

しらかわ-よしかず 1935-昭和後期-平成時代の写真家。昭和10年1月28日生まれ。ニッポン放送,フジテレビ勤務をへて,昭和37年フリー。世界各地に取材して大作にとりくみ,47年「ヒマラヤ」で芸術選奨,毎日芸術賞。56年全米写真家協会最高写真家賞。63年菊池寛賞。平成7年日本芸術大賞。愛媛県出身。日大卒。写真集はほかに「聖書の世界」「仏教伝来」「南極大陸」など。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 世界
  • 百名山
  • 関連
  • 年譜
  • 書籍
  • 選考
  • テーマ
  • テレビ
  • パロディ
  • リスト
  • 主要
  • 事件
  • 作品
  • 基準
  • 委員
  • 宇摩郡
  • 愛媛県
  • 撮影
  • 番組
  • 白川
  • 原始
  • 四国
  • 昭和
  • 生村
  • 聖地
  • 金生町
  • 風景