誕生日データベース

峰幸代みねさちよ

ソフトボール選手[日本]

1988年 1月26日

峰 幸代(みね ゆきよ、1988年1月26日 - )は、福岡県出身の元ソフトボール選手。
最終所属はルネサステクノロジ高崎事業所女子ソフトボール部(現・ビックカメラ女子ソフトボール高崎)。
ポジションは捕手。
身長166cm。
右投右打。
2008年北京オリンピックソフトボール日本代表。
来歴・人物 横浜市立瀬谷中学校を経て、2006年、千葉県木更津総合高等学校卒業後、ルネサス高崎女子ソフトボール部入部。
同年、日本リーグ1部新人賞、ベストナイン。
2007年、世界ジュニア選手権代表。
2008年、北京オリンピックソフトボール日本代表。
2014年シーズンで現役引退。
日本リーグ(年別成績) 日本リーグ1年目 - チームの4番打者を任され、打率も.394を残すなど、安定したバッティングを見せる。
日本リーグ2年目 - プレッシャーと投手リードを本格的に行った為か、打率が1割台と低迷。
日本リーグ3年目 - 打率.413を残し、打撃成績5位。
投高打低と言われるソフトボール(良い投手は防御率0点台)で、右打者でながら4割台の高打率を記録。

ソフトボール選手。 ポジションは捕手。右投右打。 1988年1月26日生まれ、長崎県出身。 木更津総合高等学校卒業。ルネサス高崎所属。 2008年北京オリンピックではチーム最年少ながら予選リーグ4試合、決勝トーナメント3試合に先発出場。エース上野由岐子を果敢にリードし、日本の金メダル獲得に貢献した。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • ソフトボール
  • 日本
  • リーグ
  • 女子
  • 年別
  • トヨタ自動車
  • 代表
  • オリンピック
  • 中学校
  • 北京
  • 千葉県
  • 学校
  • 市立
  • 成績
  • 木更津総合
  • 横浜
  • 瀬谷
  • 高崎
  • 高等
  • シーズン
  • ジュニア
  • ビックカメラ
  • ベストナイン
  • ルネサス
  • 世界
  • 入部
  • 卒業
  • 同年
  • 引退
  • 所属
  • 新人
  • 現役
  • 選手権