誕生日データベース

グスターボ・ドゥダメルGustavo Adolfo Dudamel Ramirez

指揮者[ベネズエラ]

1981年 1月26日

グスターボ・ドゥダメル - ウィキペディアより引用

グスターボ・アドルフォ・ドゥダメル・ラミレス(Gustavo Adolfo Dudamel Ramírez, 1981年1月26日 - )はベネズエラの指揮者。
バルキシメト生まれ。
ユース・オーケストラやサルサ・バンドでトロンボーン奏者として活動していた父親と声楽家の母親の元で幼い頃から音楽に親しみ、5歳頃からエル・システマによる音楽教育を受け始める。
10歳でヴァイオリンを選択し、12歳のときにコンサートマスターを務めていた地元のユース弦楽合奏団で指揮にも取り組むようになり、Rodolfo Saglimbeniやホセ・アントニオ・アブレウにも教えを受けながら1996年には同楽団の音楽監督になる。
1998年にアブレウの招きでカラカスに移り、1999年にはシモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラの音楽監督となり、同楽団や首席指揮者を務めているアメリカ州ユース管弦楽団などと世界各地で演奏することで注目を集める。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

指揮者。1981年1月26日、ベネズエラ・バルキシメト生まれ。フルネームはGustavoAdolfoDudamelRamírez。5歳から母国のオーケストラ教育システム「エル・システマ」で学び、12歳で指揮を始める。96年、15歳にしてベネズエラの「アマデウス室内管弦楽団」の音楽監督に就任。99年、首都カラカスの「シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ」の音楽監督となる。2004年、バンベルク交響楽団の第1回グスタフ・マーラー指揮者コンクールで優勝。05年、著名レーベル「ドイツ・グラモフォン」と専属契約を結び、ロサンゼルス・フィルハーモニックを振って全米デビューした。06年には「エーテボリ交響楽団」首席指揮者に指名され、ファーストアルバム「ベートーヴェン交響第5番&第7番」を発売。09年、米国の雑誌「タイム」にて「最も影響力のある世界の100人」に選出され、11年にはクラシック専門誌「グラモフォン」にて年間最優秀アーティストに選ばれたほか、「2011年度グラミー賞・最優秀オーケストラアルバム」を受賞した。13年10月現在、ロサンゼルス・フィルハーモニック音楽監督、エーテボリ交響楽団首席指揮者、ベネズエラ・シモン・ボリバル交響楽団音楽監督。 (2013-10-10) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • ユース
  • 音楽
  • アブレウ
  • オーケストラ
  • アントニオ
  • エル
  • オブ
  • カラカス
  • コンサート
  • サルサ
  • システマ
  • シモン
  • トロンボーン
  • バルキシメト
  • ブエノスアイレス
  • ベネズエラ
  • ホセ
  • ボリバル
  • マスター
  • ヴァイオリン
  • 楽団
  • 監督
  • とき
  • アメリカ
  • バンド
  • 世界
  • 各地
  • 合奏
  • 地元
  • 声楽家
  • 奏者
  • 弦楽
  • 指揮
  • 指揮者
  • 教育
  • 母親
  • 注目
  • 活動
  • 演奏
  • 父親
  • 管弦楽
  • 選択
  • 首席