誕生日データベース

川崎洋かわさきひろし

詩人[日本]

1930年 1月26日

川崎 洋(かわさき ひろし、1930年1月26日 - 2004年10月21日)は、日本の詩人・放送作家。
東京都出身。
1944年福岡に疎開。
八女高校卒、父が急死した1951年に西南学院専門学校英文科(現:西南学院大学)中退。
上京後は横須賀の米軍キャンプなどに勤務した。
1948年頃より詩作を始め、1953年茨木のり子らと詩誌「櫂」を創刊。
谷川俊太郎らを同人に加え、活発な詩作を展開した。
その傍ら、1971年には文化放送のラジオドラマ「ジャンボ・アフリカ」の脚本で、放送作家として初めて芸術選奨文部大臣賞を受けた。
1987年には詩集「ビスケットの空カン」で第17回高見順賞を、1998年には第36回藤村記念歴程賞を受賞した。
1955年詩集『はくちよう』を刊行。
1957年から文筆生活に入る。
日本語の美しさを表現することをライフワークとし、全国各地の方言採集にも力を注いだ。
また1982年からは読売新聞紙上で「こどもの詩」の選者を務め、寄せられた詩にユーモラスであたたかな選評を加え人気を博した。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

ビクターのマスタリングエンジニア集団・FLAIRのメンバー。 FLAIRの中でも、氏が担当したマスタリング(主にポップス)は全般に音質が非常に良いとされている。 (引用元 Hatena Keyword)

「川崎洋」と関連する人物

連想語句
  • アンソロジー
  • 八女
  • 受賞歴
  • 大岡
  • 学校
  • 放送
  • 文化
  • 東京都
  • 楽曲
  • 福岡
  • 絵本
  • 脚本
  • 茨木のり子
  • 著作
  • 西南学院大学
  • 評論
  • 詩作
  • 詩劇
  • 詩集
  • 谷川俊太郎
  • 随筆
  • キャンプ
  • 上京
  • 中退
  • 傍ら
  • 出身
  • 創刊
  • 勤務
  • 同人
  • 学院
  • 専門
  • 展開
  • 急死
  • 文科
  • 横須賀
  • 横須賀市
  • 活発
  • 疎開
  • 県立
  • 福岡県
  • 米軍
  • 西南
  • 詩誌
  • 高校
  • 高等