誕生日データベース

五輪真弓いつわまゆみ

歌手[日本]

1951年 1月24日

五輪 真弓(いつわ まゆみ、1951年1月24日 - )は、日本の女性シンガーソングライター。
東京都中野区出身。
1972年10月、CBS・ソニー(現・ソニー・ミュージックエンタテインメント)より、アルバム(『五輪真弓/少女』)・シングル(「少女」)同時発売でデビュー。
ファーストアルバム『五輪真弓/少女』はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスのクリスタル・サウンド・スタジオでレコーディングされた。
このレコーディングには五輪のデモテープを聴いて感銘を受けたキャロル・キング、チャールズ・ラーキーも参加し、ストリングスの中ではデヴィッド・キャンベルがビオラを弾いている。
アルバムはオリコンでは最高6位にランク。
いわゆる海外レコーディングを商業的に成功させた先駆者としても日本の音楽界に大きな影響を与え、その後さまざまな歌手やミュージシャンたちがそれに追随した。
マスメディアでは「和製キャロル・キング」と謳われ、日本女性シンガーソングライターの草分けと呼ばれた。
1976年、最新アルバム『Mayumity』を絶賛したCBSフランスから現地(フランス)でのアルバム制作の申し出があり、初めての渡仏。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

シンガー・ソング・ライター。1951年1月24日生まれ。東京都中野区出身。 1972年、「少女」でデビュー。 代表曲は「恋人よ」「リバイバル」「残り火」「さよならだけは言わないで」など。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • アルバム
  • ソニー
  • 日本
  • みんなのうた
  • エンタテインメント
  • オリジナル
  • グラフィ
  • シングル
  • ディスコ
  • ビデオ
  • ベスト
  • ミュージック
  • ライブ
  • 中野区
  • 人気
  • 出典
  • 出場歴
  • 国外
  • 提供
  • 東京都
  • 楽曲
  • 紅白歌合戦
  • 出身