誕生日データベース

鹿野道彦かのみちひこ

政治家[日本]

1942年 1月24日

鹿野 道彦(かの みちひこ、1942年1月24日 ‐ )は、日本の政治家。
民主党顧問。
衆議院議員(11期)、衆議院運輸委員長、農林水産大臣(第14、52・53代)、総務庁長官(第12代)、新党みらい代表、国民の声代表、民政党幹事長、民主党国対委員長等を歴任した。
父は衆議院議員を5期務めた鹿野彦吉。
来歴・人物 民主党内では珍しい自由民主党清和会出身。
自民党時代は「清和会のプリンス」と呼ばれ40代で入閣するなど将来の総裁候補として期待されていた。
離党後も新党みらい・国民の声で代表を務め、新進党・民主党でも党首(代表)候補として度々名前が挙がってきた。
農林水産行政に精通しており、海部・菅・野田の三内閣で農林水産大臣を務めた。
また、党内では自民党で総合農政調査会長、民主党では農業再生本部長等を歴任している。
農業政策の方針として、アジア地域での食糧輸出・技術連携を重視した「攻めの農業」を掲げ、農業者戸別所得補償制度を基本として農業の持続可能な発展を目指している。

■ 関連書籍

連想語句
  • 民主党
  • 内閣
  • 大臣
  • 総務庁
  • 運輸
  • みらい
  • プリンス
  • 下野
  • 主張
  • 交代
  • 代表
  • 入党
  • 和会
  • 国民
  • 委員長
  • 姿勢
  • 局長
  • 改造
  • 政務
  • 政権
  • 政治
  • 政策
  • 新党
  • 新進党
  • 次官
  • 民政
  • 水産
  • 自民党
  • 自由民主党
  • 農林
  • 長官
  • 離党
  • 青年
  • 鹿野彦吉
  • 交通
  • 国務
  • 国土
  • 国対
  • 委員会
  • 宮澤
  • 幹事
  • 歴任
  • 海部
  • 総務
  • 衆議院
  • 議員
  • 野田