生年月日データベース

市原悦子いちはらえつこ

女優声優[日本]

1936年 1月24日

市原悦子 - 女優、声優

市原 悦子(いちはら えつこ、1936年1月24日 - )は、日本の女優、声優。
ワンダー・プロ所属。
本名、塩見 悦子(しおみ えつこ)。
身長160cm、体重53kg。
夫は舞台演出家の塩見哲。
千葉県千葉市出身。
千葉市立末広中学校を卒業後、千葉県立千葉高等学校に進学し、演劇部で活動する。
高校卒業後、早稲田大学第二文学部演劇専修を経て、俳優座養成所へと進む。
同期の有名人にはジェームス三木、大山のぶ代、冨士眞奈美らがいる。
1957年に俳優座に入団、『りこうなお嫁さん』でデビューする。
同年に新劇新人推賞を受賞し、1959年に『千鳥』で芸術祭奨励賞を受ける。
さらに1963年には新劇演劇賞、1964年にゴールデン・アロー賞新人賞に輝き、新劇女優として高い評価を受ける。
1971年に俳優座を退団し、1972年に番衆プロを設立する。
舞台のみならず、テレビドラマや映画など、多方面で活躍。
中でも1975年に始まったテレビアニメ『まんが日本昔ばなし』では、全ての登場人物の声を常田富士男と2人のみで長年演じ続けて親しまれた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

女優。声優。本名は塩見悦子。 1936年1月24日、生まれ。千葉県出身。 ワンダー・プロダクション所属。 夫は舞台演出家の塩見哲。 1957年、俳優座養成所を卒業し、俳優座へ入団。児童劇「りこうなお嫁さん」デビューの後は、歌や踊り、喜劇をはじめ、様々な演劇分野に進出。傑出した才能を示し、数々の賞を受賞する。 1971年、中村敦夫、原田芳雄、菅貫太郎らと、俳優座を集団脱退。翌年、夫の塩見哲らと番衆プロを設立し、テレビドラマなどで活躍する。 1975年、ATG映画「青春の殺人者」で主人公の少年に殺される母親役を熱演し注目を浴び、その後「赤い殺意」「岸壁の母」などで昼ドラのクイーンとして君臨し、同年開始の『まんが日本昔ばなし』では、声優として、常田富士男と共に2人芝居で話題となる。 1983年、長寿シリーズ『家政婦は見た!』がスタート。当初は2時間枠であったが、1997年には連続テレビシリーズとしても登場。名脚本家・柴英三郎の描く現代社会の病巣と、それを覗き見る家政婦が好評を呼び、2008年まで続いたシリーズとなった。 その他にもドラマスペシャルシリーズを数本持つ傍ら、1999年より開催の「市原悦子ロードショー」では、歌や朗読を交えた市原の魅力の集大成が披露されている。 圧倒的な存在感と演技力で、今も尚第一線で活躍する名女優である。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • アニメ
  • 塩見
  • 舞台
  • テレビ
  • テレビドラマ
  • テレビ朝日
  • テレビ東京
  • ナレーション
  • バラエティ
  • フジテレビ
  • ラジオ
  • ワンダー
  • 出演
  • 劇場
  • 日本テレビ
  • 映画
  • えつこ
  • しおみ
  • プロ
  • プロダクション
  • 悦子
  • 所属
  • 本名
  • 演出家