生年月日データベース

岡田英弘おかだひでひろ

歴史学者・東洋史[日本]

1931年 1月24日

岡田 英弘(おかだ ひでひろ、1931年1月24日 - )は、日本の歴史家。
学術上の専攻はもともと満洲史、モンゴル史。
東京外国語大学名誉教授。
東洋文庫専任研究員。
暁星中学校卒業 旧制成蹊高等学校高等科理科乙類卒業 1953年 - 東京大学文学部東洋史学科卒業 1957年 - 『満文老档』の研究で第47回日本学士院賞受賞 1958年 - 東京大学大学院博士課程満期退学 1959年 - フルブライト奨学金によりアメリカ合衆国シアトル市ワシントン大学に留学(~1961年 )。
ニコラス・ポッペらに学ぶ。
1963年 - ドイツ連邦共和国ボン大学東洋研究所客員研究員 1966年 - 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所助教授 1968年 - ワシントン大学客員教授(~1971年 ) 1973年 - 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授 1993年 - 同停年退官、名誉教授 1996年 - 常磐大学国際学部教授(~2000年) 1999年 - インディアナ大学アルタイ学賞(通称PIACメダル)受賞 2002年 - 国際モンゴル学会名誉会員 2008年 - モンゴル国政府から北極星勲章(Altan Gadas odon)を受章 人物・主張 中国史、古代日本史、韓国史などで、戦後流布された中国側の正史に追従した日本の中国史学会に異を唱えた研究、発言、多くの著作がある。

■ 関連書籍

歴史学者。東京外国語大学名誉教授。 専攻は中国史、満州史、モンゴル史、日本古代史。宮脇淳子は弟子にして妻。 著書に『倭国』『倭国の時代』『チンギス・ハーン』『世界史の誕生』などがある。 1931年(昭和6年)1月24日、東京生まれ。 1953年(昭和28年)、東京大学文学部卒。 1957年(昭和32年)、日本学士院賞受賞。 2017年(平成29年)5月25日、死去。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 単著
  • 著作
  • モンゴル
  • 主張
  • 共編
  • 名誉教授
  • 文庫
  • 日本
  • 東京
  • 東京外国語大学
  • 東洋
  • 著書
  • 訳書
  • 評価
  • 随想
  • 中国
  • 専任
  • 専攻
  • 歴史
  • 満州
  • 満洲