誕生日データベース

京谷好泰きょうたによしひろ

鉄道技術者[日本]

1926年 1月24日

京谷 好泰(きょうたに よしひろ、1926年1月24日 - )は、鉄道技術者、元日本国有鉄道浮上式鉄道技術開発推進本部長。
リニアモーターカーの開発者で、リニア技術の今日的な基礎を築いた技術者、「リニアの父」。
広島県福山市生まれ。
子供の頃から家族の時計をばらしてはまた組み立てたり理科の実験に熱中した。
戦時中は高校生ながら学業を休み、三井造船の艦艇電気工場で潜水艦に関する仕事に従事した。
第六高等学校を経て1948年、京都大学工学部(旧制)卒業。
最初は船の仕事を希望したが、母親に「船に乗ったらどこかへ行ってしまう」と泣きつかれ運輸省に入省。
1年後国鉄が出来たので国鉄に移籍。
戦争でやられた機関車を日本の復興のためにと徹夜で修理した。
神戸鷹取工場や大宮工場で鉄道車両の改造、検査修繕などに当たり、その後本社工作局修車課で新幹線の車輪・車軸開発に携わる。
東海道新幹線が開業して日本中が沸き立つ1964年、上層部から次世代交通の開発を命ぜられた。
1966年、当時最年少だった京谷を含む5人の国鉄技術者が「超高速鉄道研究同好会」を立ち上げる。

■ 関連書籍

「京谷好泰」と関連する人物

連想語句
  • エピソード
  • リニア
  • リニアモーターカー
  • 三井造船
  • 京都大学
  • 仕事
  • 図書
  • 国鉄
  • 学校
  • 工学部
  • 広島県
  • 旧制
  • 時計
  • 機関
  • 潜水艦
  • 理科
  • 福山市
  • 運輸省
  • 関連
  • 高等
  • どこか
  • リニアモーター
  • 入省
  • 卒業
  • 基礎
  • 子供
  • 学業
  • 実験
  • 家族
  • 工場
  • 希望
  • 従事
  • 復興
  • 戦争
  • 戦時
  • 技術
  • 技術者
  • 日本
  • 最初
  • 母親
  • 熱中
  • 移籍
  • 艦艇
  • 開発者
  • 電気
  • 高校生