誕生日データベース

鈴木志郎康すずきしろうやす

詩人、映像作家[日本]

1935年 5月19日

鈴木 志郎康(すずき しろうやす、1935年5月19日 - )は、日本の詩人、映像作家。
東京市江東区亀戸生まれ。
本名・鈴木康之。
1952年頃から詩を書き始める。
1961年3月、早稲田大学第二文学部仏文専修卒業。
在学中の1959年に高野民雄と雑誌「青鰐」を刊行。
1961年から1977年までNHKに16ミリ映画カメラマンとして勤務。
1963年頃から個人映画を作り始める。
ジョナス・メカスの影響を受け、日記的な作品を多数制作。
この年に詩集「新生都市」が発刊され、注目を浴びる。
1964年、天沢退二郎、渡辺武信、菅谷規矩雄、藤田治、彦坂紹男、秋元潔、山本道子、野沢暎、高野民雄とともに、雑誌「凶区」創刊。
「凶区」には、のちに金井美恵子が加入するが、1971年に廃刊宣言号を出す。
鈴木は廃刊以前に脱退。
1968年、2冊目の詩集『罐製同棲又は陥穽への逃走』によりH氏賞受賞。
第IV部に「処女プアプア」が登場、鈴木志郎康といえば「プアプア詩」と思われていた時期もあった。
破壊的な口語表現とエログロ描写とナンセンス言葉が衝撃を与える。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

  • タイトル
    少女皮剥ぎ
    歌手
    発売元
    Gachi-Lynn Records
    発売日
    2013年8月07日
    新品価格
    ¥ 1,000 より
    中古商品
    より

詩人、映像作家。1935年5月19日、東京・亀戸(江東区)に生まれる。本名、鈴木康之。 1944年8月、小学校三年で、集団疎開。1945年3月10日、東京で戦災を体験。福島県の疎開先で終戦。翌年2月焼け跡の亀戸に戻る。1952年頃から詩を書き始める。1961年早稲田大学文学部フランス文学専修卒。1961年から1977年までNHKに16ミリ映画カメラマンとして勤務。その内、 62年から 67年まで広島転勤。1968年詩集『罐製同棲又は陥穽への逃走』によりH氏賞受賞。1966年頃から個人映画を作り始める。1971年から1976年まで東京造形大学非常勤講師。1976年からイメージフォーラム付属映像研究所講師。1982年から1994年まで早稲田大学文学部文芸科非常勤講師。1990年から多摩美術大学美術学部二部芸術学科(現:造形表現学部映像演劇学科)教授。 既婚、二男有り。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 作品
  • ジョナス
  • メカス
  • 主要
  • 卒業
  • 天沢退二郎
  • 学校
  • 彦坂
  • 文学部
  • 日本大学
  • 早稲田大学
  • 映像
  • 映画
  • 武信
  • 民雄
  • 渡辺
  • 菅谷
  • 著書
  • 藤田
  • 規矩雄
  • 高等
  • 高野
  • カメラマン
  • ペー
  • 中学校
  • 仏文
  • 個人
  • 刊行
  • 制作
  • 勤務
  • 在学
  • 多数
  • 専修
  • 影響
  • 新生
  • 日本放送協会
  • 日記
  • 本名
  • 注目
  • 発刊
  • 秋元
  • 詩集
  • 都市
  • 鈴木康之
  • 雑誌