生年月日データベース

近藤次郎こんどうじろう

航空工学者[日本]

1917年 1月23日

2015年 3月29日 死去肺炎享年99歳

近藤 次郎(こんどう じろう、1917年1月23日 - 2015年3月29日)は日本の航空工学者。
東京大学名誉教授。
滋賀県出身。
航空工学の分野では航空機の超高速化に取り組んだり、環境科学の分野では応用数学を利用し、大気汚染の予測や核拡散問題を解明した。
1935年 - 京都一中卒業 1938年 - 旧制第三高等学校理科甲類卒業 1941年 - 京都帝国大学理学部数学科卒業 1945年 - 東京帝国大学工学部航空学科卒業 1958年 - 東京大学工学部教授 同年2月 東京大学 工学博士 論文の題は「拡張した運動ポテンシャルとこの方法による遷音速空気力学の基礎的研究 」 1977年 - 東京大学名誉教授 1980年 - 国立公害研究所所長(1985年まで) 1985年 - 日本学術会議会長(1994年まで) 1994年 - 国際科学技術財団理事長 2015年 - 肺炎の為に3月29日に死去、98歳没その他、国土審議会、航空機工業審議会、学術審議会などの各種審議会委員。

■ 関連書籍

こんどう-じろう 1917-昭和後期-平成時代の航空力学者,システム工学者。大正6年1月23日生まれ。昭和33年東大教授となる。55年国立公害研究所長,平成2年地球環境産業技術研究機構研究所初代所長。初の国産旅客機YS11の基本計画を作成。大気汚染の予測など環境問題にとりくむ。日本学術会議会長,中央環境審議会会長などをつとめる。7年文化功労者。14年文化勲章。同年環境テクノロジーセンター会長。滋賀県出身。京都帝大卒,東京帝大卒。著作に「巨大システムの安全性」「飛行機はどう進化するか」など。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 卒業
  • 工学
  • 東京大学
  • 京都
  • 学校
  • 航空
  • 高等
  • 分野
  • 博士
  • 受章
  • 受賞
  • 大学
  • 大気
  • 工学部
  • 帝国
  • 応用
  • 数学
  • 旧制
  • 汚染
  • 環境
  • 科学
  • 関連
  • 一中
  • 中学校
  • 予測
  • 京都大学
  • 利用
  • 同年
  • 問題
  • 学科
  • 府立
  • 拡張
  • 教授
  • 数学科
  • 東京
  • 核拡散
  • 洛北
  • 理学部
  • 理科
  • 甲類
  • 航空機
  • 解明
  • 論文
  • 附属