誕生日データベース

スタンダールStendhal

作家[フランス]

1783年 1月23日

1842年 3月23日 死去脳出血享年60歳
スタンダール - ウィキペディアより引用

スタンダール(Stendhal、1783年1月23日 - 1842年3月23日)は、グルノーブル出身のフランスの小説家。
本名はマリ=アンリ・ベール(Marie Henri Beyle)という。
ペンネームのスタンダールはドイツの小都市シュテンダルに由来すると言われている。
グルノーブル高等法院の弁護士の子として生まれる。
母方の実家も地元の名士であり、スタンダールは幼少期を地方の名士の子として何不自由なく暮らした。
7歳の時に亡くなった母を終生、異常なまでに偏愛し続け、その反動で、実務家で王党派の父を激しく憎み続けた。
そのため、スタンダールは父とは正反対のロマンチストの共和主義者として、その後の生涯を送る事になる。
父の期待を受けて勉学にいそしんだスタンダールは、1799年、優秀な成績で理工科学校の入学試験に合格する。
しかし、慣れないパリの生活でノイローゼになり、母方の祖父のアンリ・ガニョンの従兄弟のノエル・ダリュの家に引き取られる。
ダリュの息子が当時、陸軍省事務次官をつとめていた関係から、スタンダールはダリュの口利きで陸軍少尉に任官し、イタリア遠征に参加した。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

  • タイトル
    チマローザ:レクイエム ト短調
    歌手
    発売元
    Naxos
    発売日
    2010年9月15日
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • タイトル
    Impure
    歌手
    S
    発売元
    CD Baby.Com/Indys
    発売日
    2003年6月17日
    新品価格
    ¥ 4,327 より
    中古商品
    より
  • タイトル
    Destination
    歌手
    S
    発売元
    Mint Tea
    発売日
    2008年10月20日
    新品価格
    ¥ 669 より
    中古商品
    ¥ 576 より

Stendhal [生]1783.1.23.グルノーブル[没]1842.3.23.パリフランスの小説家。本名Marie-HenriBeyle。ナポレオンの第2回イタリア遠征に参加してイタリアの魅力を知る。1802年いったん除隊,1812年再びロシア遠征に加わる。ナポレオンの没落後イタリアに住み,芸術論や『恋愛論』Del'amour(1822)を書く。1821年パリに戻り,小説『赤と黒』LeRougeetleNoir(1830)などを発表。七月革命後の1831年にイタリアのチビタベッキアの領事に任命され,自伝『エゴチスムの回想』Souvenirsd'égotisme(1892刊)および『アンリ・ブリュラールの生涯』ViedeHenriBrulard(1890刊)を書き,休暇中に7週間で傑作『パルムの僧院』LaChartreusedeParme(1839)を書き上げた。意志と情熱に満ちた人物たちの若々しい行動をむだのない文体で綴った彼の作品は,近代小説の傑作とされるが,生前には理解されなかった。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • ダリュ
  • アンリ
  • シュテンダル
  • パリ
  • フランス
  • 主義者
  • 作品
  • 党派
  • 共和
  • 名士
  • 学校
  • 小説家
  • 弁護士
  • 母方
  • 法院
  • 理工
  • 関連
  • 高等
  • イタリ
  • ガニョン
  • グルノーブル
  • ソース
  • ドイツ
  • ノイローゼ
  • ノエル
  • ベール
  • ペンネーム
  • マリ
  • ロマンチスト
  • ンス
  • 事務
  • 任官
  • 偏愛
  • 優秀
  • 入学
  • 勉学
  • 反動
  • 口利き
  • 合格
  • 地元
  • 地方
  • 実務家
  • 実家
  • 少尉
  • 幼少期
  • 当時
  • 従兄弟
  • 息子
  • 成績
  • 期待
  • 本名
  • 次官
  • 正反対
  • 生活
  • 生涯
  • 由来
  • 異常
  • 祖父
  • 終生
  • 試験
  • 都市
  • 関係
  • 陸軍
  • 陸軍省