生年月日データベース

北尾まどかきたおまどか

将棋棋士[日本]

1980年 1月21日

北尾 まどか(きたお まどか、1980年1月21日 - )は、将棋の女流棋士。
東京都目黒区出身。
西村一義九段門下。
女流棋士番号は43。
得意戦法は居飛車穴熊、玉頭位取り。
幼少時に父から将棋を教わる。
和光学園高等学校進学以降に本格的に再開し、1年余りでアマチュア二段程度になった。
2009年、NHK教育テレビで放送された『先崎学のすぐわかる現代将棋』の聞き手を務めた。
銀河戦の記録係を女流育成会時代の第7期より担当、第14期では決勝戦・羽生善治×小林裕士の記録係を務めた。
2009年12月10日より、栃木県から「とちぎ未来大使」を委嘱されている。
2009年(平成21年)から毎年行われている「とちぎ将棋まつり」の実行委員長を務める。
2010年1月20日、将棋の普及関連業務を行う「株式会社ねこまど」を設立し、代表取締役に就任。
「株式会社ねこまど」は、北尾が実行委員長を務める「とちぎ将棋まつり」の「協力」に名を連ね、2012年1月8日に台湾・台北市で開催された「駒doc.将棋フェスタin台北」を主催している。

■ 関連書籍

連想語句
  • 将棋
  • 女流
  • 所属
  • エピソード
  • プロ
  • 位取り
  • 先崎学
  • 協会
  • 和光
  • 女子
  • 学園
  • 居飛車
  • 履歴
  • 教育
  • 日本
  • 昇段
  • 東京都
  • 棋士
  • 棋歴
  • 玉頭
  • 番号
  • 目黒区
  • 穴熊
  • 羽生善治
  • 育成会
  • 西村一義
  • 銀河
  • 関連
  • アマチュア
  • テレビ
  • テレビジョン
  • 再開
  • 出身
  • 学校
  • 幼少時
  • 得意
  • 戦法
  • 担当
  • 放送
  • 時代
  • 決勝
  • 現代
  • 聞き手
  • 記録
  • 連盟
  • 進学
  • 門下
  • 高等