生年月日データベース

野崎歓のざきかん

フランス文学者[日本]

1959年 1月21日 生 (満59歳)

野崎 歓(のざき かん、1959年 - )は、日本のフランス文学者、東京大学教授。
新潟県生まれ。
東京大学文学部仏文科卒業。
同大学院修了。
一橋大学法学部法律学科専任講師・助教授、東京大学大学院総合文化研究科助教授を経て、2007年、東京大学大学院人文社会系研究科・文学部仏文科准教授。
2000年、ジャン=フィリップ・トゥーサンの翻訳でベルギー・フランス語共同体翻訳賞、2001年、『ジャン・ルノワール』でサントリー学芸賞、2006年に『赤ちゃん教育』で講談社エッセイ賞、2011年に『異邦の香り―ネルヴァル『東方紀行』論』で読売文学賞(研究・翻訳賞)を受賞。
2012年教授。
映画評論、文芸評論も手がける。
東京大学教養学部では映画論の講義を、同教授松浦寿輝と担当。
学歴 1974年 新潟大学教育学部附属新潟中学校卒業 1977年 新潟県立新潟高等学校卒業 東京大学教養学部文科三類入学 1981年 東京大学文学部仏文学科卒業 1981年 東京大学大学院人文科学研究科仏語仏文学専攻修士課程入学 1985年 東京大学大学院人文科学研究科仏語仏文学専攻博士課程進学 1985年より1989年まで フランス政府給費留学生としてパリ第3大学仏文学科博士課程に留学 1989年3月 東京大学大学院人文科学研究科仏語仏文学専攻博士課程中途退学 職歴 1989年 東京大学文学部助手 1990年 一橋大学法学部法律学科専任講師 1993年 一橋大学法学部法律学科助教授 1997年 一橋大学大学院言語社会研究科助教授 2000年 東京大学大学院総合文化研究科・教養学部助教授 2007年 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部准教授 2012年 教授  執筆活動 ジャン=フィリップ・トゥーサン『浴室』(1990年)の邦訳が人気を博し、以後、現代フランス文学の翻訳・紹介者として活躍を続けている。

■ 映像作品

■ 関連書籍

フランス文学者。映画批評・文芸批評も手がける。 1959年(昭和34年)1月21日、生まれ。新潟県出身。 一橋大学を経て東京大学教授。 ベルギー・フランス語共同体翻訳賞(2000年)、『ジャン・ルノワール 越境する映画』でサントリー学芸賞(2001年)、『赤ちゃん教育』で講談社エッセイ賞(2006年)受賞。 黒田硫黄は一橋大学時代の教え子。青木真紀子は妻。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 東京大学
  • 大学院
  • 翻訳
  • 文学部
  • 一橋大学
  • 共著
  • 助教授
  • 単著
  • 執筆
  • 学歴
  • 学科
  • 文化
  • 新潟県
  • 法学部
  • 法律
  • 活動
  • 総合
  • 編著
  • 職歴
  • 著作
  • 論争
  • 赤と黒
  • 人文
  • 仏文科
  • 修了
  • 卒業
  • 専任
  • 教授
  • 社会
  • 講師