誕生日データベース

花形進はながたすすむ

プロボクシング選手[日本]

1946年 1月21日

花形 進(はながた すすむ、1946年1月21日 - )は、日本の元プロボクサー。
神奈川県横浜市出身。
第41代WBA世界フライ級王者。
右ボクサーファイター。
現役時代は横浜協栄ボクシングジム(現・オーキッド・カワイ・ボクシングジム)所属。
現在は花形ボクシングジム会長。
地味な試合運びと決定力不足から5割に達しない戦績で、10回戦出場までに31戦、4年間を費やした。
しかし、10回戦以降は出入りの早いボクシングを会得、大場政夫などと互角に渡り合う実力を発揮。
日本王座陥落後には限界説も囁かれたが、デビューから11年目、5度目の挑戦でついに世界王座を獲得した遅咲きのボクサー。
世界戦の戦績は8戦1勝7敗であったが、世界戦での敗戦は全て判定決着でありKO負けは一度もなかった。
1963年11月1日 プロデビュー。
1968年 1月25日 初の10回戦に8回KO勝利を収めた。
ここまでの戦績は15勝8敗8分、勝率4割8分であったが、この試合を契機に飛躍を始めた。
9月2日 後の世界王者大場政夫とのノンタイトル10回戦に判定勝ちを収めた。
連想語句
  • ボクシング
  • 獲得
  • 世界
  • 王座
  • ジム
  • 日本
  • タイトル
  • フライ級
  • ボクサー
  • 大場政夫
  • 引退
  • 横浜市
  • 渥美
  • 神奈川
  • 花形
  • 関連
  • デビュー
  • ファイター
  • 互角
  • 会得
  • 会長
  • 出入り
  • 出場
  • 出身
  • 協会
  • 協栄
  • 地味
  • 実力
  • 所属
  • 挑戦
  • 時代
  • 横浜
  • 決定力
  • 王者
  • 現在
  • 現役
  • 発揮
  • 試合
  • 遅咲き
  • 限界
  • 陥落