生年月日データベース

張栩Chang Hsu

囲碁棋士[台湾]

1980年 1月20日

張栩(ちょう う、1980年1月20日 - )は、日本棋院所属の囲碁棋士。
林海峰名誉天元門下。
小林光一は義父に当たる。
史上初の五冠王、史上二人目のグランドスラム達成、通算七大タイトル獲得数歴代5位、3大タイトル獲得数歴代6位、棋道賞最優秀棋士賞7回(歴代2位タイ)、王座位獲得数歴代2位など多数の記録を持つ。
6才のとき、囲碁塾を経営していた父から碁を学ぶ。
10才で来日し、林海峰の内弟子となる。
学校の成績は良かったが、東京中華学校中学部卒業した後は囲碁専念のため進学せず。
2003年に本因坊、王座を獲得。
2004年に名人位を獲得し、戦後5人目の「名人・本因坊」となる。
「名人・本因坊」としては最年少。
高尾紳路にいったん名人位を奪われるものの、2007年に奪回。
2008年には史上最年少の挑戦者井山裕太を4-3で降して名人防衛を果たし、12月には河野臨を3-0で降して初の天元位、山下敬吾を3-1で降して王座に戴冠。
碁聖と合わせ、四冠に輝いた。
翌2009年の4月には3-1で高尾紳路を破り、初の十段位を獲得すると共に、1977年に現行の七大タイトル制になって以降では史上初の五冠を達成した。

■ 関連書籍

ちょう-う 1980-平成時代の囲碁棋士。昭和55年1月20日台湾,台北生まれ。林海峰門下。平成2年院生となり,6年入段。15年本因坊位を獲得し,9段に昇段,同年王座を獲得。16年名人戦で依田紀基の5連覇をはばみ,史上最年少の名人本因坊となった。19年高尾紳路名人をやぶり,2年ぶり3期目の名人に返り咲く。21年史上初の5冠(名人,天元,王座,碁聖,十段)を獲得。22年山下敬吾より棋聖をうばい囲碁7大タイトル全制覇を達成した。妻は女流囲碁棋士の小林泉美。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • ゴシック
  • 和田
  • 細丸
  • 中丸
  • ヒラギノ
  • 台北
  • 明朝
  • 簡体字
  • 絵文字
  • 繁体字
  • ィール
  • ゴシッ
  • ピン
  • メイリオ
  • 中華民国
  • 出生
  • 出身
  • 台湾
  • 各種
  • 囲碁
  • 小塚
  • 棋士
  • 職業