生年月日データベース

松井冬子まついふゆこ

日本画家[日本]

1974年 1月20日

松井 冬子(まつい ふゆこ、1974年1月20日 - )は、静岡県周智郡森町出身の日本画家。
1994年、女子美術大学短期大学部造形学科油彩画専攻卒業。
就職、4年を経て、6度目の受験で東京藝術大学美術学部入学。
2002年に東京芸術大学美術学部日本画専攻卒業。
2007年、東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程美術専攻日本画研究領域修了。
博士論文「知覚神経としての視覚によって覚醒される痛覚の不可避」を東京芸術大学へ提出し博士 (美術)の学位を取得。
女性、雌に焦点を当て、幽霊画、九相図、内臓、脳、筋肉、人体、動物を題材に採った作品を発表している。
絹本に岩絵具を用いて描く。
2002年、学部の卒業制作で「世界中の子と友達になれる」(横浜美術館所蔵)を発表。
2004年、銀座スルガ台画廊で、L'espoir 2004 松井冬子展。
2008年、4月20日、NHK教育テレビジョン「ETV特集」で「痛みが美に変わる時〜画家・松井冬子の世界〜」が放送される。

■ 映像作品

■ 関連書籍

静岡県出身の日本画家。 主に絹本に岩絵具を用いて描く古典的な画法で、女性や花、その幽霊などを描き、内臓や身体器官もモチーフにしつつ、自己分析的に「痛み」「狂気」を絵画で追求している。 (引用元 Hatena Keyword)

「松井冬子」と関連する人物

連想語句
  • 美術
  • 博士
  • 専攻
  • 東京芸術大学
  • 人体
  • 内臓
  • 卒業
  • 受賞歴
  • 大学
  • 女子美術大学短期大学部
  • 女性
  • 学部
  • 幽霊
  • 日本画
  • 東京
  • 画集
  • 相図
  • 筋肉
  • 藝術
  • 課程
  • 不可避
  • 修了
  • 入学
  • 受験
  • 大学院
  • 学位
  • 学科
  • 就職
  • 後期
  • 提出
  • 油彩画
  • 焦点
  • 痛覚
  • 知覚神経
  • 視覚
  • 覚醒
  • 論文
  • 造形
  • 領域