生年月日データベース

南果歩みなみかほ

女優[日本]

1964年 1月20日

南果歩 - 女優

南 果歩(みなみ かほ、1964年1月20日 - )は、日本の女優。
兵庫県尼崎市出身。
桐朋学園大学短期大学部卒業。
ホリエージェンシー所属。
夫は俳優の渡辺謙。
尼崎市立尼崎高等学校を経て桐朋学園大学短期大学部を卒業。
短大在学中の1984年に映画『伽倻子のために』のヒロイン役オーディションに応募、2000人の中から選ばれ、主役で芸能界デビュー。
1985年にはTBSのポーラテレビ小説『五度半さん』のヒロイン役でテレビドラマに進出する。
さらに1986年9月には坂東玉三郎演出の『ロミオとジュリエット』のジュリエット役で初舞台を踏み、以後、映画、テレビ、舞台と女優業を中心に活躍する。
特に1989年には『夢見通りの人々』等の映画での助演に対して助演女優賞が贈られている。
2015年にはアメリカ映画『MASTERLESS』に出演し海外作品にも進出。
私生活では、1995年に、ミュージシャン・作家の辻仁成と結婚、1男をもうけたが、2000年3月に離婚。
2003年1月にテレビ東京の2時間ドラマ『異端の夏』で共演した俳優の渡辺謙と2005年12月3日に再婚。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

芸名南果歩 性別女性 生年月日1964/01/20 星座みずがめ座 干支辰年 血液型A 出身地兵庫県 身長162cm 靴のサイズ22.5cm 職種タレント・俳優・女優 プロフィール短大在学中の1984年に、映画『伽倻子のために』(小栗康平監督)の一般公募のヒロイン役オーディションに合格し、映画デビュー。1989年、『夢見通りの人々』で「日刊スポーツ映画大賞助演女優賞」、1990年には「日本映画・テレビ制作者協会エランドール新人賞」「第32回ブルーリボン賞助演女優賞」を受賞。その後も、映画『お父さんのバックドロップ』で「第19回高崎映画祭最優秀助演女優賞」を受賞。そのほか、著作に『眠るまえに、お話ふたつ』『瞬間幸福』を出版するなど、フィールドの幅を広げて活躍。 代表作品映画『伽倻子のために』(1984)/映画『夢見通りの人々』(1989)/映画『お父さんのバックドロップ』(2004) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • ラジオ
  • エージェンシー
  • テレビドラマ
  • ドラマ
  • ホリ
  • 写真
  • 出演
  • 受賞歴
  • 尼崎市
  • 映画
  • 書籍
  • 舞台
  • 出身
  • 卒業
  • 所属
  • 桐朋学園
  • 桐朋学園大学短期大学部
  • 短期大学
  • 芸術