生年月日データベース

豊田清とよだきよし

プロ野球選手[日本]

1971年 2月2日

豊田清 - ウィキペディアより引用

豊田 清(とよだ きよし、1971年2月2日 - )は、三重県亀山市出身の元プロ野球選手(投手)、プロ野球コーチ。
2012年から読売ジャイアンツの二軍投手コーチ、2015年から一軍投手コーチを務める。
プロ入り前 鈴鹿高等学校から同朋大学へ進学。
1990年愛知大学野球連盟秋季2部リーグ戦では最優秀選手に選ばれる活躍でチーム初の1部リーグ昇格に貢献した。
愛知大学野球1部リーグ戦通算9勝16敗。
1992年のドラフト会議において西武ライオンズから3位指名を受け、入団。
西武時代 1995年9月15日の対近鉄バファローズ戦(藤井寺球場)でプロ初登板を果たす。
この年は4試合に登板。
1996年から本格的に先発投手として登板し、7月14日の対福岡ダイエーホークス戦(札幌市円山球場)で初勝利。
最終的に15試合に登板し、5勝5敗、防御率3.08の成績を残した。
1997年は自身初の二桁勝利を挙げブレイク、5月7日の対福岡ダイエーホークス戦(福岡ドーム)では、味方打線が当時のプロ野球記録となる1試合29安打を放って、毎回得点を達成した中での完封勝利(21-0)を挙げている。

■ 映像作品

■ 関連書籍

プロ野球選手(投手)、指導者。 1971年2月2日生まれ、三重県亀山市出身。右投右打。鈴鹿高校-同朋大学-西武ライオンズ(1992年ドラフト3位)-読売ジャイアンツ(FA移籍)-広島東洋カープ。 ストッパー転向前は先発投手として二桁勝利を挙げるなど活躍。 2001年に当時の監督東尾修の意向で抑えに転向してからリーグを代表する抑え投手になる。 防御率0点台を記録するなど安定感は抜群で絶対的守護神として活躍中。 2002年と2003年には2年連続で最優秀救援投手のタイトルを獲得。 2005年11月、フリーエージェント権を行使して巨人に入団。 上原浩治、マーク・クルーン、山口鉄也らと盤石のリリーフ陣を形成し、 2007年のレギュラーシーズン優勝、2008年のリーグ完全優勝に貢献。 2010年オフに現役一本を志願して巨人を自由契約。広島に移籍。 2011年オフに現役引退、翌年から巨人のコーチとして指導者デビュー。 「ミスターコントロール」の名を持ちながら、 最高153キロのストレートとカーブ、スライダー、フォークを自在に操る。 その一方で、炎上、救援失敗もほぼ数十試合おきのペースで見られ、 パ・リーグでは小林雅英とならぶ劇場型クローザーとして、双方のファンを試合終了まではらはらさせた。 プリン好き。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 投手
  • 時代
  • コーチ
  • プロ野球
  • タイトル
  • プロ
  • 三重県
  • 亀山市
  • 巨人
  • 年度
  • 広島
  • 引退
  • 成績
  • 日本
  • 背番号
  • 表彰
  • 西武
  • 記録
  • 詳細
  • 読売ジャイアンツ
  • 選手
  • きよし
  • とよだ
  • 一軍
  • 二軍
  • 出身
  • 豊田