生年月日データベース

天龍源一郎てんりゅうげんいちろう

プロレスラー[日本]

1950年 2月2日

天龍源一郎 - プロレスラー

天龍 源一郎(てんりゅう げんいちろう、1950年2月2日 - )は、日本のタレント、元プロレスラー、元大相撲力士。
本名は嶋田 源一郎(しまだ げんいちろう)。
福井県勝山市出身。
身長189cm、体重120kg(力士時代は身長186cm、体重112kg)。
多くの同年代レスラーが年齢と共に前座でファンを楽しませる役割に回る、または引退する中、第一線で活躍し続け日本プロレス界において「生ける伝説(Living Legend)」として、一目置かれる存在であった。
角界時代 福井県勝山市に農家の長男として生まれる。
農家の生まれであることから幼少期より米をたくさん食べて大きく育ち、中学2年の身体検査では182cm、82kgを記録した。
同時に大きな体がコンプレックスになっており、勉強も苦手だったことと合わせて周囲からはからかわれがちであった。
勝山市立北郷小学校卒業後は勝山市立北部中学校へ入学するも、父が床屋で髪を切ってもらっていた際に床屋の店主が二所ノ関部屋後援者に「この辺りに相撲に入れられるような身体の大きい子はいないかな?」と声を掛けられ、父が「うちの息子は大きいよ」と返答したことで大鵬が嶋田の元へやって来て大相撲へ勧誘した。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

日本の元大相撲力士、元プロレスラー、タレント。本名・嶋田源一郎。1950年2月2日、福井県生まれ。63年、13歳で大相撲の二所ノ関部屋に入門し、翌64年初場所で初土俵を踏む。73年の初場所で新入幕を果たし、76年9月に引退。幕内通算108勝132敗、最高位は前頭筆頭。76年10月、全日本プロレスに入団。81年7月、ビル・ロビンソンと組みジャイアント馬場・ジャンボ鶴田に挑戦した試合で一躍人気となり、藤波辰爾(たつみ)、長州力らと共にプロレス人気を牽引。90年SWSに移籍、92年WARを設立し、98年からはフリーとなった。3冠ヘビー級、世界タッグなどを獲得し、99年12月、史上最年長(49歳10カ月)で新日本のIWGPヘビー級王座を獲得した。2010年にプロレス団体「天龍プロジェクト」を立ち上げる。15年11月15日、東京・両国国技館での対オカダ・カズチカ戦をもって引退した。 (2015-11-17) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 引退
  • プロレス
  • 時代
  • 大相撲
  • 天龍
  • 現役
  • 力士
  • スケジュール
  • タイトル
  • ノア
  • ハッスル
  • フリー
  • プロジェクト
  • プロレスリング
  • ロード
  • 全日本
  • 勝山市
  • 参戦
  • 新日本プロレス
  • 獲得
  • 福井県
  • 結果
  • 角界
  • げんいちろう
  • しまだ
  • エク
  • セリング
  • ファン
  • レスラー
  • 事務所
  • 伝説
  • 出身
  • 前座
  • 同年代
  • 多く
  • 嶋田
  • 年齢
  • 役割
  • 所属
  • 提携
  • 日本
  • 本名
  • 業務
  • 活躍
  • 源一郎