誕生日データベース

小泉喜美子こいずみきみこ

推理小説作家[日本]

1934年 2月2日

小泉 喜美子(こいずみ きみこ 1934年2月2日 - 1985年11月7日)は日本の推理作家、翻訳家。
旧姓杉山。
東京都築地生まれ。
東京都立三田高等学校卒業後、英語力を活かしてジャパンタイムズに勤務。
田村隆一の下訳を手がけ、早川書房に出入りし、当時同社の編集者(『ミステリマガジン』編集部)だった1歳上の小泉太郎(生島治郎)と知り合い、交際を経て25歳で結婚した。
同年(1959年)には「我が盲目の君」を第1回EQMM短篇コンテストに応募し、準佳作に入選。
職場で大量の原稿を読み、かつ帰宅後は自らの原稿を書かなければならなかった生島から、「家の中で原稿を書かれると自分(生島)の神経が参ってしまう」という理由により原稿の執筆を禁じられていたが、約束を破って『弁護側の証人』を書き上げ、『オール讀物』ミステリ新人賞に応募したところ、入選は逸したものの選考委員の一人高木彬光の激賞により文藝春秋から単行本となった。

■ 関連書籍

推理小説作家・翻訳家。 元夫は生島治郎。作家生活を優先させるため離婚。 昭和9(1934)年東京生まれ。 昭和34(1959)年、EQMM第1回短編コンテストに応募した「我が盲目の君」が準佳作となる。 昭和38(1963)年、第1回オール讀物推理新人賞の候補作になった『弁護側の証人』でデビュー。 昭和60(1985)年、事故により没。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 原稿
  • ミステリ
  • オール
  • ジャパンタイムズ
  • マガジン
  • リスト
  • 三田
  • 共著
  • 学校
  • 応募
  • 早川書房
  • 東京
  • 東京都
  • 生島
  • 生島治郎
  • 田村隆一
  • 築地
  • 翻訳
  • 翻訳家
  • 自著
  • 著作
  • 讀物
  • 都立
  • 関連
  • 高等
  • コンテスト
  • 下訳
  • 交際
  • 佳作
  • 入選
  • 出入り
  • 勤務
  • 卒業
  • 同年
  • 同社
  • 執筆
  • 大量
  • 太郎
  • 小泉
  • 帰宅
  • 弁護
  • 当時
  • 新人
  • 旧姓
  • 杉山
  • 理由
  • 盲目
  • 短篇
  • 神経
  • 約束
  • 結婚
  • 編集者
  • 職場
  • 自ら
  • 自分
  • 英語力
  • 証人