誕生日データベース

佐高信さたかまこと

経済評論家[日本]

1945年 1月19日

佐高 信(さたか まこと、1945年1月19日 - )は日本の評論家、東北公益文科大学客員教授。
週刊金曜日編集委員・株式会社金曜日前代表取締役社長。
「ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク」共同代表。
先住民族アイヌの権利回復を求める署名呼びかけ人 をつとめる。
山形県酒田市生まれ。
父・兼太郎は茜舟(せんしゅう)の雅号を持つ書道家・教師。
山形県立酒田東高等学校、慶應義塾大学法学部法律学科卒業。
支持政党は一貫して日本社会党(現・社会民主党)である。
1967年に大学を卒業後、郷里・山形県で高校教員となるが、同僚女性(現在の妻)との出会いがあり、前妻と離婚し、1972年に再度上京した。
佐高の全面協力により書かれた評伝によると、次のような事情があったという。
「昭和四十二年の春、卒業と共に帰郷して庄内農高の社会科教師となる。
ここで三年、教科書はいっさい使わず、ガリ版の手製テキストで通したため“赤い教師”の非難を浴びた、庄内工高に転じて結婚もしたが、同じく“赤軍派教師”のレッテルを貼られる。

■ 関連書籍

作家。評論家。1945年山形県生まれ。父親は同県では有名な書家で、県内の教育界に大きな影響力を持っていた佐高兼太郎。 酒田東高を経て慶応大学卒業後、父親が教育界に顔が利く地元に戻り、同県で高校(庄内農業高)教諭を務める。同時に組合活動、平和運動に関わったが、同僚女性教師との不倫交際を経て、娘もいた最初の妻と離婚、交際相手の教師と再婚。 それを契機に27歳で上京し経済誌「現代ビジョン」へ。 同誌は「公称3万部といっても実売は3千部も行かない。9割9分が広告収入で、それも一流大企業。不思議でならなかったが、あるとき『出すメリットはないが、出さないデメリットがある』のだと気付いた」と本人が告白(2005、10/24産経新聞など)しているような、いわゆる”総会屋雑誌”だった。 同誌に計10年在籍し、最終的には編集長に。 アルバイト原稿を他のメディアに多量に執筆することなどが内部で問題視され、1982年に退社し、フリーの評論家に。 現在、株式会社金曜日社長。 ちなみに、高橋春男との対談(徳間書店が発行していた総合雑誌「サンサーラ」)で自身が語ったところによると、「夜中に原稿を書き上げると勃起する」という、変わった性癖があるらしい。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 金曜日
  • 代表
  • 週刊
  • アイヌ
  • コント
  • ビジョン
  • 事件
  • 事例
  • 共著
  • 単著
  • 取締役
  • 問題
  • 変遷
  • 客員
  • 山形県
  • 批評
  • 教授
  • 活動
  • 現代
  • 発言
  • 皇室
  • 社長
  • 編著
  • 自身
  • 著書
  • 評価
  • 評論
  • 論文
  • 酒田市
  • スピーチ
  • ネットワーク
  • ヘイト
  • レイシズム
  • 先住民
  • 共同
  • 出身
  • 回復
  • 国際
  • 委員
  • 株式会社
  • 権利
  • 署名