生年月日データベース

明石康あかしやすし

外交官、国際連合事務次長[日本]

1931年 1月19日 生 (満87歳)

明石康 - ウィキペディアより引用

明石 康(あかし やすし、1931年1月19日 - )は、特定非営利活動法人日本紛争予防センター会長、名城大学アジア研究所名誉所長、群馬県立女子大学外国語教育研究所所長、京都文教学園学術顧問、神戸大学特別顧問・特別教授、元国際連合事務次長。
来歴・人物 戦国時代のキリシタン武将の明石全登の子孫であるといわれている。
秋田県北秋田郡扇田町(現在の大館市比内町扇田)出身。
小学生の時に秋田市に移住。
県立秋田中学校(現在の秋田県立秋田高等学校)から旧制山形高校を経て、東京大学に進学。
1954年東京大学教養学部アメリカ学科を卒業後、フルブライト留学生として渡米し、バージニア大学大学院を修了、コロンビア大学で学ぶ(25歳の時、重光葵による日本の国連加盟受諾演説を傍聴席で直接観たと語っている)。
タフツ大学フレッチャースクール博士課程在学中の1957年に、日本人として初めて国連職員に採用された。
もともと米国留学は研究者を志してのものであり、国連勤務も一時的なものと考えていたというが、日本人国連職員の草分けとしてその後40年を国連で過ごすことになる。

■ 関連書籍

【あかしやすし】 もと国連官僚。秋田県生れ。東大大学院終了。バージニア大大学院,フレッチャー・スクール大学院に留学し,極東情勢についての報告で注目され,日本の国連加盟の翌1957年,日本人として最初の国連職員となる。政治担当官としてハンガリー動乱,キューバ危機などの情報収集,政策立案にあたる。1972年行政担当になり,国連大学設立委員会事務長を務め,東京誘致決定に尽力する。1974年外部からの人材登用を求めた外務省に入り国連代表部参事官,公使,大使を務めた。1979年事務次長(広報担当)として国連に戻り,1987年より同軍縮担当。1992年1月国連カンボジア暫定行政機構(UNTAC)の最高責任者(国連事務総長特別代表)となり,翌1993年9月離任。1993年12月から旧ユーゴスラビア問題国連事務総長特別代表,1995年11月から国連事務総長特別顧問,1996年3月から国連人道援助局長を務め,1997年退任。1998年から広島平和研究所長(1999年2月辞任)。1999年の東京都知事選に自由民主党・公明党の推薦で出馬したが落選。2002年スリランカ問題担当の日本政府代表に就任。→関連項目アナン (引用元 コトバンク)

「明石康」と関連する人物

連想語句
  • 国際
  • 編著
  • 事務
  • 京都
  • 代表
  • 公務
  • 共著
  • 名城大学
  • 国際連合
  • 学園
  • 所長
  • 文教
  • 活動
  • 監修
  • 研究所
  • 社会的
  • 神戸大学
  • 総長
  • 群馬県立女子大学
  • 著書
  • 連合
  • 関連
  • 顧問
  • アジア
  • センター
  • 予防
  • 会長
  • 名誉
  • 外国語
  • 学校法人
  • 学術
  • 教授
  • 教育
  • 次長
  • 歴任
  • 紛争