誕生日データベース

操上和美くりがみかずみ

写真家[日本]

1936年 1月19日

操上 和美(くりがみ かずみ、1936年1月19日 - )は、日本の写真家。
男性。
北海道富良野市生まれ。
人物・経歴 1961年、東京綜合写真専門学校卒業。
1962年、セントラルスタジオに入社し写真家の杉木直也に師事。
1965年にフリーランスとなる。
1966年、クリスタジオ(1977年、CAMELにスタジオ名を変更)を設立。
1968年、大阪万博のポスターを福田繁雄と制作。
1969年、初めてコマーシャルフィルムを手掛ける。
1970年、大阪万博のコダックパビリオンの映像を手掛ける。
1971年、広告業界へのデビュー作品となるVAN「ブルードット」を制作。
2009年、初の映画監督作品、『ゼラチンシルバーLOVE』が公開。
2012年、ドキュメンタリー映画『THE MOMENT -写真家の欲望-』(監督 : 宮本敬文)に出演。
広告写真以外に、井上陽水のCDジャケットやツアーパンフレットの撮影も手掛けている。
繰上和美と誤記されることが多い。
主な受賞歴 1964年 - APA奨励賞 1970年 - ACC賞 - レナウン「ジョンブル」、ペプシ 1975年 - 第19回ADC最高賞 - ラングラー「ラングラーギャルズ」 1977年 - 第21回ADC賞 - 日産「フェアレディZ」 1978年 - 第22回ADC賞 - ソニー「JACKAL」 1978年 - 第23回ADC賞 - あいミュージック「SADAO WATANABE」 1980年 - 第24回ADC会員賞 - サントリー「開高健」 1981年 - 第12回講談社出版文化賞写真賞 - 小林麻美「裸婦」 1984年 - 第28回ADC賞 - 樫山「YMCA」、新潮社「新潮文庫」 1984年 - 第29回ADC会員賞 1987年 - 第31回ADC会員最高賞 - ブリヂストン「レグノ」CF 1988年 - 第34回毎日デザイン賞 1988年 - ACC杉山賞 1989年 - 第33回ADC会員賞 - 西武「お手本は自然界」 1990年 - 第6回東川賞特別賞 1992年 - 第36回ADC会員賞 - NTTデータ通信「未来のドアがそこにある」 1994年 - 第38回ADC賞 - 資生堂「アンジェリーク」 1997年 - 日本宣伝賞山名賞 201 ……

■ 映像作品

■ 関連書籍

連想語句
  • 作品
  • 写真
  • スタジオ
  • コダック
  • ビデオ
  • ミュージック
  • 万博
  • 写真家
  • 出典
  • 制作
  • 受賞歴
  • 大阪
  • 学校
  • 宮本
  • 富良野市
  • 専門
  • 映画
  • 東京
  • 監督
  • 福田繁雄
  • 綜合
  • 関連
  • クリ
  • コマーシャル
  • シルバー
  • セントラル
  • ゼラチン
  • デビュー
  • ドキュメンタリー
  • ドット
  • パビリオン
  • フィルム
  • フリー
  • ブルー
  • ポスター
  • ランス
  • 万国
  • 入社
  • 公開
  • 出身
  • 卒業
  • 博覧会
  • 変更
  • 師事
  • 敬文
  • 日本
  • 映像
  • 杉木
  • 業界
  • 欲望
  • 直也
  • 設立