誕生日データベース

宮島健みやじまたけし

俳優[日本]

1959年 4月1日

宮島 健吉(みやじま けんきち、1936年 - )は着装道古典宮島流・宗家。
日本時代衣装学院長。
日本服飾文化史研究会会長。
国際服飾学会会員。
日本風俗史学会会員。
露会館衣紋道研究会会員。
立命館大学中退。
1980年、自ら着装古典宮島流を創流。
1980年には、京都「葵祭」の着装を担当。
1982年には、「石清水祭」の勅使衣紋(着装)も担当した。
小林豊子きもの学院学長。
主な活動(海外活動も含む) 1983年「世界神経学会」 1984年「シドニー日本展」 1985年「シンガポール日本近畿博」 1987年「世界微小循環学会」 1988年「世界薬学会」 1994年「カリフォルニア・ザ・きもの」 1998年「シンガポール日本文化祭」 2000年「日本の心と美、宮廷の装束と衣紋の道“王朝物語絵巻”」(東京国立劇場) 主な著書 「束帯」 「十二単」 「教本 時代衣裳図録」 「きもの好古学」 外部リンク 宮島健吉のサイトへようこそ 本人公式ホームページ。

■ 関連書籍

  • タイトル
    恋奏曲
    著者
    宮島健
    発売元
    文芸社
    発売日
    2001-04
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 5,000 より

芸名宮島健 性別男性 生年月日1959/04/01 星座おひつじ座 干支亥年 血液型O 出身地埼玉県 身長162cm 体重58kg デビュー年1982 靴のサイズ25cm 職種タレント・俳優・女優 好きなスポーツ体操 趣味・特技逆立ちして歩ける/体操 プロフィール1982年から約12年間、小劇場ブームの先駆け集団「第三エロチカ」の看板俳優として国内外の全公演に出演し活躍する。退団後も舞台・TVと多方面で活躍、個性的でアクの強い役どころを見せている。年令以上に見える貫禄もあり、劇世界の中でも重鎮たる抜群の存在感に定評がある。ここ近年は、役どころも広がり確実かつ安定した演技力を発揮。また持ち前の身体機能の柔軟さも秀でている。主な出演作品は、舞台『羅生門』『アメリカ』『20世紀少年少女唱歌集』『氷屋来たる』『クラウディアからの手紙』、映画『ラスト・フランケンシュタイン』『写楽』、NHK『天晴れ夜十郎』、CM『養命酒』など。 代表作品舞台『椿組「20世紀少年少女唱歌集」』(2003)/舞台『新国立劇場「氷屋来たる」』(2007)/舞台『クラウディアからの手紙』(2006) (引用元 コトバンク)

「宮島健」と関連する人物