誕生日データベース

ジャンカルロ・アントニョーニGiancarlo Antognoni

男子サッカー選手[イタリア]

1954年 4月1日

ジャンカルロ・アントニョーニ - ウィキペディアより引用
ジャンカルロ・アントニョーニ(Giancarlo Antognoni、1954年4月1日 - )は、イタリア出身の元サッカー選手。
ワールドカップ・スペイン大会でのイタリア代表優勝の立役者のひとり。
1970年代から1980年代のイタリアを代表するファンタジスタで、フィオレンティーナの背番号「10」を長年務め、ファンからは「フィレンツェの至宝」と呼ばれた。
1974年に20歳でイタリア代表にデビュー。
ワールドカップには1978年アルゼンチン大会、1982年スペイン大会に出場。
1982年大会は、前年にリーグ戦で負った頭蓋骨骨折から奇跡的な復活を遂げての出場。
ゲームメーカーとして攻撃陣をリードして、イタリア代表の優勝に貢献したが、準決勝のポーランド戦で足首を負傷したため決勝戦に出場することはできなかった。
クラブレベルではキャリアのほとんどをACFフィオレンティーナで過ごし、通算成績412試合61得点。
1976年のコッパ・イタリアを獲得している。
所属クラブ 1970-1971 イタリアの旗 アスティマコビ 1972-1987 イタリアの旗 ACFフィオレンティーナ 1987-1989 スイスの旗 FCローザンヌ・スポルト 代表歴 イタリア代表(73試合7得点)1974-1983 1978年 FIFAワールドカップ(4位、5試合0得点) 1980年 UEFA欧州選手権 1982年 FIFAワールドカップ(優勝、8試合0得点) 出典 外部リンク GIANCARLO ANTOGNONI Official Web Site (イタリア語)。
連想語句
  • 代表
  • イタリア
  • ワールドカップ
  • 大会
  • クラブ
  • サッカー
  • スペイン
  • ファンタジスタ
  • フィオレンティーナ
  • フィレンツェ
  • 優勝
  • 出典
  • 出場
  • 所属
  • 頭蓋骨
  • 骨折
  • ひとり
  • アルゼンチン
  • ゲームメーカー
  • デビュー
  • ファン
  • リーグ戦
  • リード
  • 前年
  • 復活
  • 攻撃陣
  • 準決勝
  • 立役者
  • 背番号
  • 至宝
  • 貢献
  • 長年