生年月日データベース

アルベルト・ザッケローニAlberto Zaccheroni

男子サッカー選手、監督[イタリア]

1953年 4月1日 生 (満65歳)

アルベルト・ザッケローニ - ウィキペディアより引用

アルベルト・ザッケローニ(Alberto Zaccheroni、1953年4月1日 - )はイタリア・エミリア=ロマーニャ州出身のサッカー指導者。
1953年4月1日、メルドラにおいて父アダモ、母エルヴァとの間で生を授かり、生後間もなくチェゼナーティコへ引っ越し。
両親は叔母の出資でペンション兼バル「Ambrosiana」経営。
アルベルト少年は宿題を後回しにして友人らとゴムボールを蹴り、パニーニ社のカードで戦術を練っていた。
12歳時、Ercole Rabitti・ユベントス監督の目に止まるも不採用。
のちボローニャFCからの入団テストを受けるため家を離れ、デ・クレシェンツィ商業高等技術専門学校に進学、地元に戻りチェゼナティコに再入団。
16歳時、友人と外出した際に重い風邪に罹患し2ヶ月入院、2年間運動を禁止される。
このとき後の妻となるフルヴィアと交際。
地元メルドラでサッカー選手を続けるも、怪我や長いブランクがあったため思うようなプレー勘が戻らず20歳を前にして引退した。

■ 関連書籍

サッカー日本代表監督。1953年4月1日生まれ。イタリア北部、エミリア・ロマーニャ州メルドラ出身。少年時代はサッカー選手だったが、16歳の時に健康の問題で競技から離れた。他の仕事をしながら地元でサッカー指導者を続け、監督資格試験に合格、30歳でセリエC2の監督に就任。イタリア国内の数々のクラブで監督を務めた。1995年からウディネーゼを率い、残留争い常連チームを、97~98年にはセリエA3位に引き上げた。99年にACミラン(セリエA)を優勝に導いたことが最大の実績とされる。その後ラツィオ、インテル・ミラノ、トリノ・フットボールクラブの指揮官を歴任したが成績は振るわず、欧州CLでは決勝トーナメント進出を逃し続けた。ちなみにトリノでは、日本人選手・大黒将志と共に戦った経験を持つ。そして2009年途中からは名門ユベントスの監督となるが、7位に終わった。これをもってイタリア国内では「過去の名将」と揶揄(やゆ)されることもある。 戦い方としては、イタリア伝統のカテナチオ(かんぬき)という守備の堅い戦術をとらずに、攻撃を重視した3-4-3フォーメーションを好むが、これに固執することもなく、戦況に応じた柔軟性も併せ持つ。選手との対話を重視してチームを率いる人だともされる。控えめで誠実な人柄が、接した人々から好感を持たれるが、職人肌気質の頑固なところもあるとされ、ACミランオーナーのベルルスコーニ・イタリア首相とのあつれきは有名。 日本代表監督就任にあたり、チームはもちろん、日本を理解しようとする姿勢は真摯(しんし)。14年W杯で日本チームがもう1ランク上に進むため、これまでのように日本国内での …… (引用元 コトバンク)

連想語句
  • サッカー
  • 日本
  • イタリア
  • 時代
  • 選手
  • イタリア人
  • ウディネーゼ
  • エミリア
  • サイド
  • チェゼナーティコ
  • バック
  • ポジション
  • メルドラ
  • ロマーニャ
  • 代表
  • 愛称
  • 指導者
  • 日本語
  • 監督
  • 親日家
  • ザック
  • ディフェンダー
  • プロ
  • ミラン
  • 出身
  • 地元
  • 多く
  • 後述
  • 特筆
  • 視点