誕生日データベース

菅原泰夫すがわらやすお

競馬騎手[日本]

1946年 4月1日

菅原泰夫 - ウィキペディアより引用
菅原 泰夫(すがわら やすお、1946年4月1日 - )は日本中央競馬会の元騎手。
同会調教師。
いわゆる中央場所ではあまり日の当たることはなく地味な存在であったが、 1975年春の4歳(現3歳)クラシックにてカブラヤオー、テスコガビーに騎乗して4鞍すべてを独占、「空前絶後」と評される。
このときカブラヤオーの強引な逃げで「無謀」と非難されたが、他馬を怖がる弱点については同馬が引退するまで口にしなかった。
その後1981年、1982年での菊花賞連覇など、思い切りの良い騎乗で「勝負師」と呼ばれた。
通称「泰さん」。
1992年に増沢末夫騎手らと共に現役を引退した。
現在は美浦所属の調教師である。
1946年 宮城県のアラブ馬などを生産している牧場の五男として生まれる。
1960年 東京へ単身引越し、茂木為二郎のもとで生活を送る。
1961年 馬事公苑の騎手養成所に長期講習生として入る。
1964年 茂木為二郎厩舎所属騎手としてデビュー。
同期に嶋田功、松田博資など。
1965年 ダイヤモンドステークスをミハルカスで制し重賞初制覇。
連想語句
  • 成績
  • 騎手
  • 厩舎
  • アラブ
  • アングロ
  • エピソード
  • 嶋田功
  • 所属者
  • 松田博資
  • 管理
  • 調教師
  • 関連
  • 馬事公苑
  • 騎乗
  • ダイヤモンドス
  • デビュー
  • 中学
  • 二郎
  • 五男
  • 入所
  • 入門
  • 単身
  • 同期
  • 東京
  • 東京競馬場
  • 牧場
  • 生産
  • 茂木
  • 講習
  • 長期
  • 養成所