誕生日データベース

石山修武いしやまおさむ

建築家[日本]

1944年 4月1日

石山修武 - ウィキペディアより引用

石山 修武(いしやま おさむ、1944年 - )は日本の建築家。
早稲田大学理工学部名誉教授。
元東北大学非常勤講師。
日本建築学会賞、ヴェネツィア・ビエンナーレ金獅子賞、吉田五十八賞など多数受賞。
岡山県出身。
スタジオGAYA主催。
向風学校顧問。
エンジニアの川合健二を師と仰ぐ。
1962年 早稲田大学高等学院卒業。
1966年 早稲田大学理工学部建築学科卒業。
1968年 同大学院建設工学科修士課程修了。
1968年 設計事務所開設。
1988年 早稲田大学教授。
2008〜09年 東北大学非常勤講師。
2014年 早稲田大学名誉教授。
2014年 設計事務所「スタジオGAYA」開設。
受賞歴 1985年 吉田五十八賞 (伊豆の長八美術館)(41歳) 1995年 日本建築学会賞作品賞 (リアス・アーク美術館)(51歳) 1996年 ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展金獅子賞 (瓦礫の散乱する廃墟)(52歳) 1998年 日本文化デザイン賞(54歳) 1999年 織部賞(55歳) 2002年 芸術選奨文部科学大臣賞 (世田谷村)(58歳) 作品 1975年 幻庵(31歳) 1984年 伊豆の長八美術館 [1] 40歳) 1986年 開拓者の家(42歳) 1991年 ネクサスワールド(47歳) 1994年 リアスアーク美術館 [2](50歳) 1996年 観音寺(52歳) 1997年 松島さかな市場 [3](宮城県宮城郡松島町松島字普賢堂)(53歳) 1998年 鳴子早稲田桟敷湯 [4](54歳) 1998年 東京都北区清掃工場 [5] 2001年 世田谷村(57歳) 2002年 星の子愛児園 [6](58歳) 2006年 ひろしまハウス [7](62歳) 2006年 ひろしまハウス [8](62歳) 2015年 星の子愛児園 増築[9](71歳) 著書 『バラック浄土』(相模書房、1982年) 『「秋葉原」感覚で住宅を考える』(晶文社、1984年) 『職人共和国だより 伊豆松崎町の冒険』(晶文社、1986年) 『笑う住宅』(筑摩書房、1986年) ……

■ 関連書籍

【いしやまおさむ】 建築家。岡山県生れ。1966年早大建築学科卒,1968年同大学院修了。同年ダムダン設立(のちダムダン空間工作所と改称)。1988年より早大建築学科教授。建築以外の工業製品を使い,手作りで建設した別荘〈幻庵〉(愛知県,1975年)によって注目されたほか,全国の左官職人と協働して作られた〈伊豆の長八美術館〉(1984年)など,近代文明への批判的な視点を持つ作品を手がける。近年の作品に〈リアス・アーク美術館〉(宮城県,1994年)がある。著書《バラック浄土》(1982年),《〈秋葉原〉感覚で住宅を考える》(1984年),《笑う住宅》(1986年)他。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 概要
  • 出身
  • ビエンナーレ
  • ヴェネツィア
  • 作品
  • 健二
  • 受賞歴
  • 吉田五十八
  • 向風
  • 学会
  • 学校
  • 岡山県
  • 川合
  • 建築
  • 建築家
  • 日本
  • 東北大学
  • 著書
  • 評論家
  • 講師
  • 金獅子賞
  • 関連
  • 非常勤
  • 顧問
  • エンジニア
  • スタジオ
  • 主催
  • 受賞
  • 多数