誕生日データベース

若松孝二わかまつこうじ

映画監督[日本]

1936年 4月1日

若松 孝二(わかまつ こうじ、1936年4月1日 - 2012年10月17日)は、日本の映画監督、映画プロデューサー、脚本家。
宮城県出身。
本名は伊藤孝(いとう たかし)。
経歴・人物 宮城県遠田郡涌谷町出身。
農業高校二年時中退、家出し上京。
職人見習いや新聞配達、ヤクザの下働きなどを経験。
1957年、チンピラ同士のいざこざから逮捕され、半年間、拘置所に拘禁され執行猶予付の判決を受ける。
その時の経験により後に監督デビュー作の『甘い罠』は”警官を殺すために映画監督になった”と豪語した通りに警官殺しの映画になっている。
その後、職を転々としテレビ映画の助監督になる。
ある現場でシナリオの改変に腹を立ててプロデューサーを殴り、その場でクビになる。
その後ピンク映画の企画が巡って来た事が転機となり、1963年にピンク映画『甘い罠』で映画監督としてデビュー。
低予算ながらもピンク映画としては異例の集客力をみせた。
若松は「ピンク映画の黒澤明」などと形容されヒット作を量産する。
若松孝二の映画作りの原点は“怒り”であり反体制の視点から描く手法は当時の若者たちから圧倒的に支持される。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • 宮城県
  • 映画
  • 出身
  • チンピラ
  • テレビドラマ
  • ビデオ
  • プロデューサー
  • プロデュース
  • ミュージック
  • ヤクザ
  • 作品
  • 出演
  • 新聞
  • 書籍
  • 涌谷町
  • 監督
  • 脚本家
  • 農業
  • 遠田郡
  • 配達
  • 関連
  • 高校
  • いとう
  • たかし
  • 上京
  • 下働き
  • 中退
  • 伊藤
  • 家出
  • 本名
  • 経験
  • 職人
  • 見習い