生年月日データベース

若松孝二わかまつこうじ

映画監督[日本]

1936年 4月1日 生 (満82歳)

若松 孝二(わかまつ こうじ、1936年4月1日 - 2012年10月17日)は、日本の映画監督、映画プロデューサー、脚本家。
宮城県出身。
本名は伊藤孝(いとう たかし)。
経歴・人物 宮城県遠田郡涌谷町出身。
農業高校二年時中退、家出し上京。
職人見習いや新聞配達、ヤクザの下働きなどを経験。
1957年、チンピラ同士のいざこざから逮捕され、半年間、拘置所に拘禁され執行猶予付の判決を受ける。
その時の経験により後に監督デビュー作の『甘い罠』は”警官を殺すために映画監督になった”と豪語した通りに警官殺しの映画になっている。
その後、職を転々としテレビ映画の助監督になる。
ある現場でシナリオの改変に腹を立ててプロデューサーを殴り、その場でクビになる。
その後ピンク映画の企画が巡って来た事が転機となり、1963年にピンク映画『甘い罠』で映画監督としてデビュー。
低予算ながらもピンク映画としては異例の集客力をみせた。
若松は「ピンク映画の黒澤明」などと形容されヒット作を量産する。
若松孝二の映画作りの原点は“怒り”であり反体制の視点から描く手法は当時の若者たちから圧倒的に支持される。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

日本の映画監督、映画プロデューサー、脚本家。1936年4月1日生まれ、宮城県出身。2012年10月17日没。本名、伊藤孝。農業高校に入学するが二年時に中退、家出をし上京。職を転々とした後、テレビ映画の助監督をへて、63年にピンク映画「甘い罠」で監督デビュー。その後もヒット作を量産し「ピンク映画の黒澤明」と称された。一方で、暴力や政治、エロスをテーマにした作品が若者に支持され、65年「若松プロダクション」を創設。76年、大島渚監督の「愛のコリーダ」ではプロデューサーを務めた。80年代以降、一般映画に進出し、連続暴行魔を主人公とした「水のないプール」や元全共闘世代を描いた「われに撃つ用意あり」などを次々と発表、話題を集めた。2008年、ベルリン国際映画祭で「実録・連合赤軍あさま山荘への道程」が最優秀アジア映画賞と国際芸術映画評論連盟賞を受賞。10年には「キャタピラー」が公開され、主演の寺島しのぶがベルリン国際映画祭の最優秀女優賞に輝き、国内でも第2回TAMA映画賞特別賞、新藤兼人賞、SARVH賞を受賞した。12年には「11・25自決の日三島由紀夫と若者たち」などを制作し意欲的に活動していたが、同年10月12日、タクシーにはねられ重症を負い、17日死去した。享年76。 (2012-10-19) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 宮城県
  • 映画
  • 出身
  • テレビドラマ
  • ビデオ
  • プロデューサー
  • プロデュース
  • ミュージック
  • 作品
  • 俳優
  • 出演
  • 書籍
  • 涌谷町
  • 監督
  • 脚本家
  • 農業
  • 遠田郡
  • 関連
  • 高校
  • いとう
  • たかし
  • 上京
  • 中退
  • 伊藤
  • 家出
  • 本名
  • 職人
  • 見習い