誕生日データベース

ヨハネ・パウロ2世Johannes Paulus II

ローマ教皇[ポーランド]

1920年 5月18日

ヨハネ・パウロ2世 - ウィキペディアより引用
『ヨハネ・パウロ2世 (ローマ教皇)』より : ヨハネ・パウロ2世(羅:Ioannes Paulus PP. II、英:John Paul II、伊:Giovanni Paolo II、波:Jan Paweł II、1920年5月18日 - 2005年4月2日)は、ポーランド出身の第264代ローマ教皇(在位:1978年10月16日 - 2005年4月2日)。
ヨハネス・パウルス2世とも表記される。
本名はカロル・ユゼフ・ヴォイティワ(Karol Józef Wojtyła)。
ハドリアヌス6世(オランダ出身、在位:1522年 - 1523年)以来455年ぶりの非イタリア人教皇にして史上最初のスラヴ系教皇。
同時に20世紀中最年少で着座した教皇でもある。
神学と哲学の2つの博士号を持っていた。
冷戦末期において、世界平和と戦争反対への呼びかけと、呼びかけだけにとどまらない数々の平和行動の実践し、一党独裁にあった母国ポーランドを初めとする民主化活動の精神的支柱としての役割も果たした。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • ポーランド
  • 教皇
  • ローマ教皇
  • 平和
  • イタリア人
  • スラヴ
  • ハドリアヌス
  • ピウス
  • ヨハネ
  • 一党
  • 冷戦
  • 出身
  • 哲学
  • 在位
  • 戦争
  • 民主化
  • 独裁
  • 神学
  • 聖人
  • ぶり
  • オランダ
  • カトリック
  • カロル
  • パウルス
  • ユゼフ
  • ヨハネス
  • ヴォイティワ
  • 世界
  • 倫理
  • 共産党
  • 分野
  • 列聖
  • 労働者
  • 博士号
  • 反対
  • 史上
  • 実践
  • 年少
  • 役割
  • 支柱
  • 教会
  • 数々
  • 最初
  • 末期
  • 本名
  • 母国
  • 注釈
  • 活動
  • 生命
  • 着座
  • 統一
  • 行動