生年月日データベース

木村威夫きむらたけお

美術監督、映画監督[日本]

1918年 4月1日

2010年 3月21日 死去間質性肺炎享年93歳
木村威夫 - ウィキペディアより引用

木村 威夫(きむら たけお、1918年4月1日 - 2010年3月21日)は、日本の美術監督、映画監督。
東京都恵比寿出身。
日本映画・テレビ美術監督協会顧問、日本映像美術協議会JVA賞審査委員長、日活芸術学院学院長、映画美学校理事、東京工芸大学芸術学部客員教授、京都造形芸術大学映画学科准教授を務めた。
十代の頃より、舞台美術監督伊藤熹朔に師事。
1941年、日活に入社。
しかし、翌年に日活は新興キネマ、大都映画と合併して大映となる。
『海の呼ぶ聲』(1945年 / 伊賀山正徳監督、封切は終戦後)で美術監督に昇進。
1954年、映画製作を再開した日活へ移籍。
1963年、『悪太郎』をきっかけに鈴木清順監督作品の美術を担当、「清順美学」と呼ばれるその作風の創造に大きく貢献する。
1966年には、清順を中心とする脚本家グループ「具流八郎」を大和屋竺、田中陽造、曾根中生、岡田裕、山口清一郎、榛谷泰明とともに結成。
日活がロマンポルノ製作へと転じた後、1972年にフリー、以降は林海象など若手監督の作品にも積極的に参加した。

■ 映像作品

■ 関連書籍

きむら-たけお 1918-2010昭和-平成時代の映画美術監督。大正7年4月1日生まれ。伊藤熹朔(きさく)に舞台美術をまなび,昭和16年日活多摩川撮影所にはいる。19年美術監督となり,日活,独立プロで活動,48年からフリー。200本以上の映画を手がけ,代表作に「雁」「或る女」「ツィゴイネルワイゼン」など。平成19年毎日芸術賞特別賞。20年90歳で「夢のまにまに」を公開。平成22年3月21日死去。91歳。東京出身。青山学院中等部卒。著作に「わが本籍は映画館」など。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 監督
  • 美術
  • 映画
  • 時代
  • 日本
  • 日活
  • 学院
  • 芸術
  • テレビ
  • フリー
  • 京都造形芸術大学
  • 作品
  • 協会
  • 大映
  • 恵比寿
  • 東京工芸大学
  • 東京都
  • 美学校
  • 著作
  • 准教授
  • 出身
  • 協議会
  • 委員長
  • 学科
  • 学部
  • 客員
  • 審査
  • 教授
  • 映像
  • 渋谷区
  • 理事
  • 舞台
  • 顧問