誕生日データベース

實松一成さねまつかずなり

プロ野球選手[日本]

1981年 1月18日

實松一成 - ウィキペディアより引用

實松 一成(さねまつ かずなり、1981年1月18日 - )は、読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手(捕手)。
プロ入り前 佐賀学園高等学校時代は1998年の第80回全国高等学校野球選手権大会や第3回AAAアジア野球選手権大会に出場している、この時の第3回AAAアジア野球選手権大会日本代表メンバーには現在チームメイトの杉内、村田がいた。
高校通算39本塁打で、高校屈指の捕手と呼ばれた。
1998年のドラフト会議で日本ハムファイターズから(前出の日本代表メンバー)松坂大輔の外れ1位指名を受け、入団。
日本ハム史上初のドラフト1位捕手となった。
日本ハム時代 ルーキーイヤーの1999年は同年1月18日62歳の誕生日迎え同年限りで退団する上田利治監督に一度も一軍昇格の機会与えられなかったが、大島康徳監督1年目の2000年に一軍昇格し、フレッシュオールスターゲームに出場し1歳下の高卒新人左腕正田樹とイースタン・リーグ選抜先発バッテリー、第1打席でウェスタン・リーグ選抜先発投手河内貴哉に三振喫した。

プロ野球選手。 「実松一成」は簡易表記。 右投右打、ポジションは捕手。 1981年1月18日生まれ。佐賀県諸富町(現:佐賀市)出身。血液型A型。 佐賀学園高校から1999年、ドラフト1位で日本ハム・ファイターズに入団。 松坂世代の一人として、2000年より控えの捕手として一軍に定着。 リード力など守備面の評価は高いがあまりにも打てず、三振数が多い*1。 2004年以降、高橋信二の台頭により出場機会が減少。 2006年の開幕直前、岡島秀樹との1対2の交換トレードで、古城茂幸と共に読売ジャイアンツへ移籍。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 日本ハム
  • 年度
  • 成績
  • 時代
  • 選手
  • ファイターズ
  • プロ
  • プロ野球
  • 代表
  • 佐賀市
  • 佐賀県
  • 北海道
  • 守備
  • 巨人
  • 復帰
  • 打撃
  • 捕手
  • 登場
  • 背番号
  • 記録
  • 詳細
  • かずなり
  • さねまつ
  • 一成
  • 出身
  • 右打
  • 右投
  • 實松
  • 所属
  • 現在
  • 関連