生年月日データベース

新井浩文あらいひろふみ

俳優[朝鮮→韓国]

1979年 1月18日 生 (満39歳)

新井浩文 - ウィキペディアより引用

新井 浩文(あらい ひろふみ、1979年1月18日 - )は、日本の俳優。
青森県立弘前実業高等学校中退。
生い立ち 1979年、青森県弘前市に生まれる。
在日朝鮮人三世だったが、2005年に韓国の国籍に変更した。
小学4年生の時から卓球を始め、高校時代は全国大会にも出場した。
高校卒業後の進路として日本映画学校への進学を希望していたが、遅刻が多かったので推薦できないと教師に言われたため断念し、高校を中退した。
漠然と「有名になりたい」という思いで、19歳のときに上京。
上町の屋台で荒戸源次郎と知り合い、大楠道代の付き人となる。
2001年、映画『GO』でデビュー。
2002年、不良映画『青い春』で映画初主演(松田龍平とのW主演)で情緒障害高校生の青木を演じる。
同作の演技で高崎映画祭最優秀新人男優賞を受賞した。
2005年に映画『ゲルマニウムの夜』で単独初主演を果たす。
同作で初の濡れ場を演じている。
2011年、ロシア・ドイツ合作映画『ヤクザガール』で日本国外の映画に初出演した。
全国上映する前に第3回したまちコメディ映画祭in台東で日本初公開。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

役者 1979年1月18日生まれ 青森県弘前市出身 映画『GO』でデビューし、映画『青い春』で独特の存在感を見せつけた若き個性派俳優。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • アニメ
  • テレビ
  • テレビドラマ
  • ドラマ
  • 出典
  • 出演
  • 受賞歴
  • 弘前市
  • 映画
  • 注釈
  • 番組
  • 舞台
  • 青森県