誕生日データベース

木下昌直きのしたまさなお

タレント、ザ・ベビースターズ[日本]

1976年 1月18日

木下 昌直(きのした まさなお)は、戦国時代の肥前国の武将。
龍造寺氏に仕えて武勇の誉れ高く、龍造寺四天王の一人と称される。
生涯 木下覚順(伊予守)の子であるが、実は京都出身で覚順の養子であったという。
肥前国から北九州を席巻する戦国大名・龍造寺隆信に仕え、その重臣・鍋島直茂の麾下となる。
永禄5年(1562年)梶峰城攻略に従軍、敵将・内田治部少輔の首級を挙げる。
また天正6年(1578年)梅尾城の小代氏攻撃では、かねてより交流のあった小代親忠の降伏を仲介している。
天正12年3月24日(1584年5月4日)島原半島における島津氏との戦い(沖田畷の戦い)では鍋島直茂ら率いる別働隊に加わる。
しかし本隊は島津軍の攻撃により壊滅状態となり、隆信や主要な武将たち相次いで戦死する。
同僚だった北島治部丞とともに隆信の戦死を直茂に報告した昌直は、撤退を開始した鍋島隊の殿軍の将となって奮戦した。
その後、直茂の部将である下村生運らが守将となっていた大野城へ赴き、守将らとともにようやく帰還した。
文禄元年(1592年)文禄の役では鍋島直茂に従って渡海。

「木下昌直」と関連する人物

連想語句
  • 治部
  • 天正
  • 小代
  • 戦い
  • 生涯
  • 覚順
  • 鍋島直茂
  • 京都
  • 内田
  • 北島
  • 半島
  • 四天王
  • 大名
  • 少輔
  • 島原
  • 島津氏
  • 戦国
  • 攻撃
  • 木下
  • 梅尾
  • 永禄
  • 沖田
  • 肥前
  • 親忠
  • 龍造寺
  • 龍造寺隆信
  • 一人
  • 主要
  • 交流
  • 仲介
  • 伊予
  • 出身
  • 別働隊
  • 北九州
  • 同僚
  • 壊滅
  • 島津
  • 席巻
  • 従軍
  • 戦死
  • 攻略
  • 敵将
  • 旧暦
  • 本隊
  • 武将
  • 状態
  • 重臣
  • 降伏
  • 隆信
  • 養子
  • 首級
  • 麾下