誕生日データベース

屋敷伸之やしきのぶゆき

将棋棋士[日本]

1972年 1月18日

屋敷 伸之(やしき のぶゆき、1972年1月18日 - )は、将棋棋士。
五十嵐豊一九段門下。
棋士番号は189。
北海道札幌市出身。
棋聖のタイトルの獲得者。
最年少タイトル(18歳)の記録保持者。
棋歴 史上最年少タイトルへの道 奨励会入りは中学2年の頃であったにもかかわらず、史上最年少タイトルの記録を樹立する。
1983年、小学6年生で第8回小学生将棋名人戦に出場し、3位。
1985年、中学2年生のとき第10回中学生名人戦で優勝し、同年、奨励会に入会。
1988年10月1日に四段昇段してプロ入り(第3回三段リーグを14勝4敗の2位で通過)。
奨励会6級から四段昇段までが3年足らずで、入会時の年齢が違うとはいえ、羽生善治、谷川浩司、村山聖より速い(しかも、彼ら3名がプロ入りした頃は三段リーグ制度がなかった)。
第3回三段リーグでは1位の小倉久史と屋敷が三段リーグ1期抜けを果たしたが、第1回を除くと三段リーグ初挑戦者によるワンツーフィニッシュは2013年3月に至るまでこの時が唯一であり、三段リーグ1期抜けも両者のほかには第12回(1992年度後期)で川上猛、第24回(1998年度後期)で松尾歩、第53回(2013年度前期)で三枚堂達也が達成しただけである。

■ 関連書籍

連想語句
  • タイトル
  • 将棋
  • 年少
  • 棋士
  • 記録
  • クラス
  • 一般
  • 五十嵐豊一
  • 優勝
  • 北海道
  • 史上
  • 在籍
  • 大賞
  • 履歴
  • 成績
  • 昇段
  • 札幌市
  • 棋戦
  • 棋歴
  • 棋聖
  • 棋風
  • 歴代
  • 獲得
  • 番号
  • 著書
  • 足踏み
  • 関連
  • 保持者
  • 出身
  • 獲得者
  • 門下