誕生日データベース

中登志雄なかとしお

プロ野球選手、監督[日本]

中登志雄 - ウィキペディアより引用
中 利夫(なか としお、1936年4月28日 - )は、群馬県前橋市出身の元プロ野球選手(外野手)・コーチ・監督、解説者・評論家。
登録名を頻繁に変えており、入団時は「利夫」、その後1964年に「三夫」、1965年に「暁生」、監督時代は「利夫」。
コーチ時代は「登志雄」もしくは「利夫」。
野球解説者としては本名の「利夫」を使っている。
来歴・人物 前橋高校では投手を務めた。
高校は進学校であり東京大学を志したこともあったほどの秀才であったという。
1955年に中日ドラゴンズへ入団。
高木守道とともに1・2番を構成した。
足が速く、1960年に盗塁王を獲得。
翌1961年にはシーズン11三塁打を記録。
打席では、球をよく引き付け捕手が捕球する直前にバットを出す打法だったことに加え、低めの投球には体を伸ばし、高めの投球には体を縮めてストライクゾーンを移動させボールカウントを稼ぐちょうちん打法(伸び縮みするところから)を得意としていた。

■ 関連書籍

タイトル
「売れる新商品」の開発手順が見える本 (こんな実務書がほしかった!)
著者
山崎登志雄
発売元
中経出版
発売日
1998-09
新品価格
より
中古商品
¥ 2,362 より
連想語句
利夫監督プロ野球年度成績登録野球コーチ解説者タイトル出演前橋市外野手打撃時代番組群馬県背番号表彰記録評論家詳細選手関連としおなか三夫使用入団出身暁生本名登志雄頻繁

↑ PAGE TOP