生年月日データベース

小島伸幸こじまのぶゆき

男子サッカー選手、解説者[日本]

1966年 1月17日

小島 伸幸(こじま のぶゆき、1966年1月17日 - )は、群馬県前橋市出身の元プロサッカー選手(元日本代表)。
ポジションはゴールキーパー。
同志社大学商学部卒業。
現在はサッカー解説者、指導者、アドバイザーとして活躍中。
小学4年生の時にサッカーと出会い、小学5年生から本格的にサッカーを始める。
新島学園高等学校時代にゴールキーパーに転向した。
同志社大学を経て、1988年に日本サッカーリーグのフジタ(後のベルマーレ平塚、現湘南ベルマーレ)に加入。
フジタ時代は古島清人の控えに甘んじたが、ベルマーレ平塚となりJリーグ昇格1年目の1994年、不調の古島に代わる形で試合に出場し、正GKとして定着した。
また、Jリーグ入り後も社員選手であったが、1995年1月24日にプロ契約を結んだ。
1995年に日本代表に選出、初出場の6月6日のブラジル戦(アンブロカップ/イングランドで開催)ではロベルト・カルロスの強烈なシュートを受け左手小指を痛め、その後レオナルド(当時鹿島アントラーズ)にボールごと蹴られたことにより骨折している(一部では「ロベルト・カルロスのシュートで骨折した」という噂が出回っているが、本人が否定している)。

■ 映像作品

■ 関連書籍

元サッカー選手、解説者。現役時代のポジションはゴールキーパー。 1966年1月17日生まれ。群馬県出身。身長187cm、体重85kg。 元サッカー日本代表GK、1998年FIFAワールドカップフランス大会日本代表、国際Aマッチ4試合出場。 ベルマーレ平塚からアビスパ福岡を経て、ザスパ草津ではコーチ兼任選手を務めた。 2006年1月23日、現役引退を表明。その後は解説業も行っている。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • サッカー
  • 代表
  • キーパー
  • クラブ
  • コーチ
  • ゴール
  • ポジション
  • 個人
  • 公認
  • 出場
  • 卒業
  • 同志社大学
  • 商学部
  • 大会
  • 成績
  • 所属
  • 指導
  • 日本
  • 解説者
  • 試合
  • アドバイザー
  • スポーツ
  • 指導者
  • 活躍
  • 現在