誕生日データベース

井上慶太いのうえけいた

将棋棋士[日本]

1964年 1月17日

井上 慶太(いのうえ けいた、1964年1月17日 - )は、将棋棋士、九段。
若松政和門下。
棋士番号は157。
兵庫県芦屋市出身。
順位戦A級通算3期。
日本将棋連盟棋士会副会長(2011年4月 - 2015年6月)。
棋歴 1978年、中学3年生のとき、中学生名人戦で準優勝(優勝は達正光)。
翌1979年、高校選手権で3位となり、同年、奨励会に入会。
高校1年での入会は非常に遅い方であるが、3年余り経った1983年にプロ入りを果たす。
1985年度、新人王戦で棋戦初優勝(決勝三番勝負の相手は森下卓)。
翌1986年度には若獅子戦で優勝。
1987年度の第36期王座戦で南芳一、米長邦雄、真部一男を破りベスト4に進出した。
翌1988年度の王座戦でも米長らを破りベスト4。
しかし、当初は順位戦との相性は悪かった。
1988年度の第47期順位戦C級2組では、勝てば昇級という最終局で逆転負けを喫する。
しかし、兄弟子の谷川浩司から送られた「報われない努力はない」との手紙に勇気付けられ、翌年、7期目の順位戦にして初の昇級を勝ち取る。

■ 関連書籍

連想語句
  • 将棋
  • 棋士
  • 棋歴
  • 連盟
  • 日本
  • クラス
  • 優勝
  • 兵庫県
  • 在籍
  • 大賞
  • 実績
  • 履歴
  • 成績
  • 昇段
  • 棋戦
  • 棋界
  • 棋風
  • 理事
  • 番号
  • 芦屋市
  • 若松政和
  • 著書
  • 関連
  • 会長
  • 出身
  • 常務
  • 通算
  • 門下
  • 非常勤
  • 順位