誕生日データベース

清水良典しみずよしのり

文芸評論家[日本]

1954年 1月17日

清水 良典(しみず よしのり、1954年1月17日 - )は、奈良県出身の文芸評論家。
愛知淑徳大学メディアプロデュース学部教授。
愛知県名古屋市在住。
経歴・人物 1976年、立命館大学文学部日本文学科卒業後、愛知県立小牧工業高等学校国語科教諭となった。
1986年に群像新人文学賞評論部門を受賞。
これにより文芸評論家として評論や書評の執筆活動に入った。
1991年から97年まで共同通信で文芸時評を担当。
その仕事は『最後の文芸時評- 90年代日本文学総ざらい』にまとめられている。
朝日新聞、信濃毎日新聞で書評委員も務めた。
文芸評論の他、日本語作文教育を意識した著作にも取り組んでいる。
『高校生のための文章読本』『新作文宣言』など、梅田卓夫ら高等学校国語教諭時代の同僚 (後に愛知淑徳大学でも同僚となる)との共著も多数あり、特に『高校生のための文章読本』以下の三冊のアンソロジーは「高ため」シリーズとして知られ、発売以来四半世紀を越える現在も版を重ねている。

■ 関連書籍

連想語句
  • 文芸
  • 学校
  • 文学
  • 日本
  • 評論
  • 作文
  • 信濃
  • 共同通信
  • 受賞歴
  • 同僚
  • 名古屋市
  • 国語
  • 小牧
  • 工業高
  • 愛知
  • 愛知県
  • 教諭
  • 文学科
  • 文学部
  • 新人
  • 時評
  • 書評
  • 朝日新聞
  • 梅田卓夫
  • 毎日新聞
  • 県立
  • 立命館大学
  • 編著
  • 群像
  • 著書
  • 関連
  • これ
  • プロデュース
  • メディア
  • 仕事
  • 共著
  • 卒業
  • 受賞
  • 在住
  • 執筆
  • 多数
  • 委員
  • 学部
  • 宣言
  • 意識
  • 愛知淑徳大学
  • 担当
  • 教授
  • 教育
  • 文章
  • 日本語
  • 時代
  • 最後
  • 活動
  • 淑徳大学
  • 総ざらい
  • 著作
  • 評論家
  • 部門
  • 高校生
  • 高等