誕生日データベース

ジェームズ・アール・ジョーンズJames Earl Jones

俳優[アメリカ]

1931年 1月17日

ジェームズ・アール・ジョーンズ - ウィキペディアより引用

ジェームズ・アール・ジョーンズ(James Earl Jones、1931年1月17日 - )は、アメリカ合衆国の俳優、声優。
ミシシッピ州出身。
演技派・個性派の俳優としてシリアスからコメディまで幅広く活躍する一方で、美声の持ち主としても知られ声優も数多くこなす。
声優の代表作は『スター・ウォーズ・シリーズ』のダース・ベイダーの声。
父親のロバートも俳優。
父親はジェームズが生まれる前に家族の元を去り、祖父母に育てられる。
子供の頃は吃音がひどく、高校に入るまではほとんど人前で声を発しなかったという。
吃音を治すために演技のレッスンを受けたのが演技を始めるきっかけとなった。
ミシガン大学で予備役将校訓練課程に入ったが退学。
除隊後に俳優となる。
映画デビューは1964年の『博士の異常な愛情』。
1969年にはブロードウェイの舞台"The Great White Hope"でトニー賞を受賞、翌年、同作品の映画化『ボクサー』でアカデミー賞にノミネートされた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

James Earl Jones 俳優、男優 1931年1月17日、アメリカ/ミシシッピー州アーカバトラ生まれ 身長:187 cm 舞台で経験を積んだ後、『博士の異常な愛情』(1964)で映画デビュー。舞台版と同様に主役を演じた『ボクサー』(1970)、アメリカで黒人大統領が生まれたらという設定の『ザ・マン/大統領の椅子』(1972)の主人公など、キャリアを順調に重ねる。が、一番有名なのは『スター・ウォーズ』(1977-)シリーズのダース・ヴェイダーの声優としてであろう。深みがあり威圧感の低音は、その後幾多ものパロディさえ生み出すことになる。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 吃音
  • 演技
  • アニメ
  • ウォーズ
  • ゲーム
  • シリーズ
  • スター
  • ダース
  • テレビ
  • ベイダー
  • ミシガン
  • 作品
  • 俳優
  • 出演
  • 声優
  • 大学
  • 映画
  • 父親
  • きっかけ
  • ほとんど
  • コメディ
  • シリアス
  • ジェームズ
  • レッスン
  • ロバート
  • 一方
  • 人前
  • 代表作
  • 個性
  • 子供
  • 家族
  • 持ち主
  • 活躍
  • 祖父母
  • 美声
  • 高校