生年月日データベース

洲之内徹すのうちとおる

美術評論家作家[日本]

1913年 1月17日

■ 関連書籍

作家、美術評論家 1913年 松山市大街道1丁目の陶器店に生まれる。父母は熱心なクリスチャン。 1930年 松山中学(現・松山東高校)卒業。在学中は成績優秀。美術部に在籍し美術学校を目指していたが父の反対があり東京美術学校の建築科に入学。 マルクス主義の芸術論に熱中し、3年で退学。松山に戻る。しかし、ここでも左翼運動に走り逮捕される。 1938年 軍属の宣撫官として北支へ渡る。 1950年 芥川賞候補(上下両期) 1952年 上京。 1953年 松山東高校の校歌の作詞を行う。 1959年 銀座「現代画廊」支配人となる。 1968年 「現代画廊」移転。 1987年没 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 松山
  • 学校
  • 概説
  • 画廊
  • エッセイスト
  • コレクション
  • 小説家
  • 愛媛
  • 東京美術
  • 検挙
  • 気まぐれ
  • 洲之内
  • 現代
  • 画商
  • 県立
  • 美術館
  • 著書
  • 運動
  • 高等
  • エッセイ
  • プロレタリア
  • 中国
  • 中学
  • 傍ら
  • 入学
  • 処分
  • 参加
  • 収監
  • 収集
  • 古本
  • 在学
  • 大陸
  • 宣撫
  • 小説
  • 工作
  • 帰国
  • 帰郷
  • 建築
  • 徴兵
  • 戦後
  • 松山市
  • 検査
  • 班員
  • 筆者
  • 終戦
  • 美術
  • 転向
  • 退校
  • 郷里
  • 釈放
  • 開業