誕生日データベース

山田正紀やまだまさき

作家[日本]

1950年 1月16日

山田 正紀(やまだ まさき、1950年 1月16日 - )は、日本の作家。
愛知県名古屋市生まれ。
子供時代は漫画家を目指していた。
明治大学政治経済学部卒業。
日本推理作家協会会員。
本格ミステリ作家クラブ会員。
日本SF作家クラブでは第12代会長を務めたが、2014年現在は退会している。
海外放浪の後、同人誌『宇宙塵』で作品を発表していたが、編集人であった柴野拓美に託した中編小説が柴野によって『SFマガジン』に手渡されることになり、1974年、中編「神狩り」が『SFマガジン』誌に掲載され作家デビューすることになる。
『SFマガジン』には、立て続けに「流氷民族」(単行本化時に『氷河民族』に改題)を連載して、大物新人SF作家としての地位を固めた。
かんべむさし、堀晃らとともに、星新一、小松左京、筒井康隆らの日本SF第一世代に続く、第二世代と呼ばれる。
その後、冒険小説、ミステリなどにも発表ジャンルを広げる。
SFにおいては、骨太なアイデアで構成する難解で本格的な作品(デビュー時から「想像できないことを想像する」ことが信条であると発言している)からエンターテイメントに徹した作品まで幅広い。

■ 映像作品

■ 関連書籍

連想語句
  • シリーズ
  • 作家
  • クラブ
  • 日本
  • 会員
  • カン
  • サー
  • スーパー
  • ミステリ
  • リスト
  • ヴァイブ
  • 佐伯
  • 作品
  • 兵団
  • 冒険
  • 協会
  • 大学
  • 太守
  • 学部
  • 捜査官
  • 探偵
  • 推理
  • 政治
  • 明治
  • 本格
  • 機械獣
  • 機神
  • 神一郎
  • 神性
  • 神獣
  • 経済
  • 聖戦
  • 長編
  • 風水
  • トリビュート
  • 会長
  • 卒業
  • 忍法帖
  • 現在
  • 退会