生年月日データベース

男鹿和雄おがかずお

アニメデザイナー[日本]

1952年 2月29日

男鹿 和雄(おが かずお、1952年2月29日 - )は、アニメーション美術監督・挿絵画家。
宮崎駿、高畑勲、川尻善昭らの作品を支えてきた日本を代表する美術監督である。
1952年、秋田県仙北郡太田町(現:大仙市)三本扇に生まれる。
秋田県立角館高等学校卒業後、デザイン系専門学校を一年で中退。
学校に通う途中、アニメーションの広告を見かけて背景を描くようになる。
1972年、小林プロダクションに入社、代表の小林七郎に師事する。
1975年に看板製作の仕事に転職するも、1977年に『家なき子』制作の為に同プロダクションに復帰。
その後はマッドハウスに移籍し、椋尾篁の下で『幻魔大戦』『カムイの剣』などのアニメに参加。
美術監督としては『はだしのゲン』『時空の旅人』『妖獣都市』などを手がけた。
『妖獣都市』では川尻善昭監督の大胆な色彩と渋い演出など新たな美術の面白さに影響を受ける。
1987年、新作の美術監督を探していた宮崎駿監督にスカウトされ『となりのトトロ』の美術を担当する。
真夏の田舎の情景を表現したDパートの背景画はもはやアートの域に達しており、「緑(色)の使い方に天賦の才がある」と宮崎に評され、宮崎・高畑両監督の高い評価を得る。

■ 映像作品

■ 関連書籍

1952年2月29日秋田県生まれ。 高校卒業後、デザイナー学校へ進学。 1972年に、アニメーション背景美術の会社である小林プロダクションに入社。テレビシリーズ「樫の木モック」で初めて背景を手がける。 以後、数多くのテレビシリーズ、劇場映画に携わる。スタジオジブリ作品には、映画『となりのトトロ』の美術監督で初参加し、以後ほとんどの作品で、美術監督・背景美術を手がけている。現在はフリーで、アニメーション作品の背景美術はもちろん、絵本の執筆、イラストレーション、挿絵、エッセイなどを手がけるなど、幅広いフィールドで活躍を続けている。 2006年7月には,第1回監督作品として宮沢賢治原作『種山ケ原の夜』DVD絵本の制作に取り組む。 2007年7月21日より9月30日まで,東京都現代美術館にて『ジブリの絵職人 男鹿和雄展』を開催。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 関連
  • 作品
  • 秋田県
  • アニメーション
  • イラスト
  • テレビ
  • 仙北郡
  • 図録
  • 大仙市
  • 太田町
  • 展覧会
  • 川尻善昭
  • 挿絵
  • 映画
  • 画集
  • 三本扇
  • 代表
  • 日本
  • 監督
  • 県立
  • 秋田
  • 美術
  • 角館