誕生日データベース

神吉宏充かんきひろみつ

将棋棋士[日本]

1959年 3月1日

神吉宏充 - ウィキペディアより引用

神吉 宏充(かんき ひろみつ、1959年3月1日 - )は、将棋棋士。
2011年、引退。
内藤國雄九段門下。
棋士番号は160。
兵庫県加古川市出身。
将棋界きってのエンターテイナー。
所属事務所は昭和プロダクション。
棋歴 小学生の頃に将棋を覚え、中学生のときに本格的に指し始める。
そのきっかけは、おじさんに「ヨワ将」と呼ばれたこと。
1977年のアマチュア名人戦で兵庫県代表となる。
全国大会では最年少の18歳であったが、ベスト4進出。
角頭歩戦法を用いた勝局もあったという。
そして、1978年、内藤門下で奨励会に入会。
入門前の約3年間は会社員だった。
1級での入会は1961年の若松政和(アマ名人戦優勝歴あり)以来17年ぶり。
それから4年8か月経った1983年、四段昇段(プロ入り)を果たす。
オールスター勝ち抜き戦での本戦進出も数回あるが、最も活躍した棋戦は、一般の将棋ファンに対する露出度が最も高いNHK杯戦である。
たびたび予選を通過し本戦出場した。
第44回(1994年度)NHK杯戦では、先崎学・加藤一二三らを破り準々決勝進出(準々決勝で米長邦雄に敗れる)。

■ 映像作品

■ 関連書籍

芸名神吉宏充 性別男性 生年月日1959/03/01 星座うお座 干支亥年 血液型B 出身地兵庫県 職種文化人 趣味・特技映画鑑賞/オペラ/クローズアップマジック プロフィール中学時代に本格的に将棋を始め、17歳でアマ名人戦全国3位になる。以降20歳で初段(プロ)、24歳で四段、28歳で五段、と順調に昇段、1996年に六段に至る。2010年にはフリークラス昇段規定により七段に昇段。将棋会で初めてテレビの総合司会に抜擢され、1989年から1992年までNHK『囲碁・将棋ウイークリー』にレギュラー出演。また2003年には『バラエティー・大逆転将棋Ⅱ』を制作、司会を務める。また、CM『サントリー「京番茶」』、NHK『ふたりっ子』などにも登場。講演では、心理を読む勝負師のモノの考え方と、ウイットに富んでユーモアに溢れる人生観が好評。 代表作品NHK『囲碁・将棋ウィークリー』/NHK『将棋入門講座神吉宏光・林葉直子の教えて!将棋』/NHK『ふたりっ子』 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 将棋
  • 棋歴
  • 棋士
  • エピソード
  • オリジナル
  • ゲーム
  • ビデオ
  • プロダクション
  • 兵庫県
  • 内藤
  • 出演
  • 加古川市
  • 國雄
  • 履歴
  • 成績
  • 昇段
  • 昭和
  • 棋風
  • 番号
  • 監修
  • 著書
  • 関連
  • きって
  • とき
  • エンターテイナー
  • 中学生
  • 事務所
  • 出身
  • 小学生
  • 引退
  • 所属
  • 現在
  • 門下