生年月日データベース

飯田譲治いいだじょうじ

脚本家[日本]

1959年 3月1日

飯田 譲治(いいだじょうじ、1959年3月1日 - )は、日本の映画監督、脚本家、テレビドラマの演出家。
小説家。
長野県諏訪市出身。
長野県諏訪清陵高等学校卒業。
明治大学中退。
自主映画出身の映画監督。
1980年、8ミリ映画『休憩』でぴあフィルムフェスティバルに入選。
友人に、『世にも奇妙な物語』などの作曲で知られる蓜島邦明がいる。
『世にも奇妙な物語』シリーズでは、「中村功一」のペンネームでいくつか脚本を書いている。
そのうち、『常識酒場』、『トラブルカフェ』は『NIGHT HEAD』の原型となった作品。
今井雅之、豊川悦司、武田真治等、出演当時はほぼ無名であった役者をキャスティングし細かな演技指導を行うことでスターダムに伸し上げることに定評がある。
映像を中心に活動してきたが2015年7月初の舞台作品戯曲Operation(主演鳳恵弥)を上演した。
作品 映像作品 = テレビドラマ = 奇妙な出来事(1989年) 「恐怖のデイドリーム」 - 演出・脚本 「恐怖のデイドリームⅡ〜もう一度〜」 - 演出・脚本 世にも奇妙な物語 「代打はヒットを打ったか?」(1990年) - 脚本(中村功一名義) 「王将」(1991年) - 脚本(中村功一名義) 「シャドゥボクサー」(1992年) - 脚本(中村功一名義) 「常識酒場」(1992年) - 演出・脚本 「不幸の伝説」(1992年) - 脚本(中村功一名義) 「トラブルカフェ」(1992年) - 演出・脚本 「贈り物」(1992年) - 脚本(中村功一名義) 「妄想特急」(1992年) - 脚本(中村功一名義) 「影武者」(2005年) - 脚本 NIGHT HEAD(1992年 - 1993年) - 演出・脚本 東京BABYLON(1993年)(ビデオドラマ) - 監督・脚本 幕末高校生(1994年) - 脚本(中村功一名義) 沙粧妙子-最後の事件-(1995年) - 脚本 リング 〜事故か! 変死か! 4つの命を奪う少女の怨念〜(19 ……

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

  • タイトル
    NIGHT HEAD GENESIS ドラマCD
    歌手
    ドラマCD
    発売元
    ムービック
    発売日
    2007年1月26日
    新品価格
    ¥ 3,200 より
    中古商品
    ¥ 94 より

代表作は『NIGHT HEAD』(’94)『らせん』(’98)『アナザヘブン』(’00)『ドラゴンヘッド』(’03)。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 概要
  • 作品
  • テレビドラマ
  • アニメ
  • エッセイ
  • オリジナル
  • ゲーム
  • コミック
  • ビデオ
  • 対談
  • 小説
  • 小説家
  • 映像
  • 映画
  • 演出家
  • 絵本
  • 舞台
  • 著作
  • ドラマ
  • レビ
  • 長野県