生年月日データベース

カルロス・ケイロスCarlos Queiroz

男子サッカー選手、監督[ポルトガル]

1953年 3月1日 生 (満65歳)

カルロス・ケイロス - ウィキペディアより引用

カルロス・ケイロス(Carlos Manuel Brito Leal Queiroz、1953年3月1日 - )は、ポルトガル領東アフリカ(現在のモザンビーク)・ナンプラ出身でポルトガル国籍のサッカー指導者。
若くして現役を退き、指導者の道に進む。
「黄金世代」と呼ばれたU-20ポルトガル代表を率いて1989年と1991年のFIFAワールドユース選手権を連覇した。
その実績を買われてポルトガルA代表監督に就任したが、1994年FIFAワールドカップ出場を果たせず解任された。
1996年後半、アーセナルに移籍したアーセン・ベンゲルの後任として名古屋グランパスエイトの監督に就任。
翌年のセカンドステージ途中まで率いた。
1999年、南アフリカ代表監督に就任。
日韓ワールドカップのアフリカ予選を突破し出場権を獲得したものの、大会直前の2002年2月に解任された。
2002年の秋にマンチェスター・ユナイテッドのアシスタントコーチに就任。
途中、2003年から2004年までレアル・マドリードの監督に就任したが、リーグ戦4位という成績と無冠に終わり解任される。

Carlos Manuel Brito Leal Queiroz ポルトガル国籍のサッカー指導者。 1953年3月1日生まれ。モザンビーク・ナンプラ出身。 1996年〜1997年、アーセン・ベンゲルの後任として名古屋グランパスエイトの監督を務めた。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • ポルトガル
  • サッカー
  • ワールドカップ
  • 代表
  • 就任
  • アーセナル
  • アーセン
  • エイト
  • エピソード
  • カップ
  • グランパス
  • サントリー
  • チャンピオン
  • ナンプラ
  • ベンゲル
  • 世代
  • 名古屋
  • 指導者
  • 監督
  • 関連
  • 黄金
  • シップ
  • ユース
  • リーグ
  • ワールド
  • 出場
  • 出身
  • 国籍
  • 実績
  • 後任
  • 後半
  • 現役
  • 移籍
  • 解任
  • 連覇
  • 選手権